オジー・オズボーン「メタルの烙印、心地良く思ったことはない」

ツイート

トニー・アイオミもそうだが、オジー・オズボーンも、彼の音楽がヘヴィ・メタルとジャンル分けされるのを好ましく思っていないそうだ。

『SPIN』のインタビューで「始まったときから当事者として目にしていて、ロックとメタルの世界はどう変わったと思うか?」と問われたオジーはこう答えている。「俺は、俺に与えられたそのタイトル、“メタル”っていうのを心地よく思ったことはない。(メタルと呼ばれていい)本当にヘヴィなバンドがいて、オジー・オズボーンもヘヴィだからって、同じカテゴリーに入れられる。一度、特定のジャンルに分類されると、軽めだったりアコースティックだったり、自分がやりたいと思うことをやるのが難しくなりかねない。昔は、ロック・ミュージックってだけだった。今だって、ロック・ミュージックってだけだ」と話した。

オジーは数ヶ月前、CNNのインタビューでも「自分と“ヘヴィ・メタル”という言葉が結合することに、ずっと違和感を持ってきた。ヘヴィ・ロックっていうなら、わかる」と発言していた。

ブラック・サバスのバンド・メイト、トニー・アイオミも、ブラック・サバスはロック・バンドだと考えているそうだ。彼らの友人であるジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードは、10月、マーク・マロンのポッドキャスト『WTF』にゲスト出演した際、ジャンルとしてのヘヴィ・メタルの起源について問われると、こう語っていた。

「偉大なバンド、ブルー・チアーだと言う人たちもいる。“Summertime Blues”は本当にヘヴィな曲だった。ヘヴィ・メタルという名は、ステッペンウルフの曲“ヘヴィ・メタル・サンダー(「Born To Be Wild」の一節)”からだと提言する人たちもいる。でも、サウンド面になると、大論争を引き起こす。その例がなんといっても、サバスだ…。俺はずっとサバスをヘヴィ・メタル・バンドだと推してきたが、俺の友人、トニー・アイオミは常に、”違う、僕らはロック・バンドだ。ハード・ロック・バンドだ“と言う。俺が”いや、君らはヘヴィ・メタル・バンドだ“って言っても、”違う、違う“と」

故に、ハルフォードいわく「絶対的なヘヴィ・メタル・バンドはジューダス・プリーストだ」という。

Ako Suuzki
この記事をツイート

この記事の関連情報

*

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス