川村壱馬、ソロ写真集発売決定。フランスの古城、美術館で貸切大規模撮影

ツイート

THE RAMPAGEのボーカル・川村壱馬のソロ写真集が、2024年4月24日に小学館から発売されることが発表された。

◆ティザー映像/写真集画像

THE RAMPAGEでボーカルとして不動の人気と圧倒的な存在感を放つだけでなく、『日曜の夜ぐらいは…』(テレビ朝日系)、『セクシー田中さん』(日本テレビ系)と話題のドラマ出演が続き、俳優としてもめざましい活躍ぶりを見せる川村壱馬。



そんな川村の書籍は、2020年のフォトエッセイ『SINCERE』以来、約4年ぶり。初の写真集となる本作はフランスのパリと北部・ノルマンディーで撮影。タイトルにもある「Etoile」(【1:星 2:花形、スター】という意味のフランス語)をテーマに、川村自身が内包する“圧倒的なスター性”が写真集全体にちりばめられた作品となっている。



パリに生まれ育った19世紀の象徴主義を代表する画家ギュスターヴ=モローの美術館と、フランス北部にある19世紀に建てられた古城を貸切っての大規模な撮影を敢行。ともに写真集として撮影許可がおりたのは、国内外合わせて今回が初のこと。

発売決定とともに発表されたキービジュアルでは、美術館で深紅のジャケットを着て螺旋階段に立つ印象的なカットや、上裸姿でこちらを強く見つめる野性的で官能的な川村の姿などが公開されている。



   ◆   ◆   ◆

■川村壱馬 コメント
この度1st写真集を作らせて頂くことになりましたが、写真集のお話を頂いたこと自体が光栄に思いました。

2020年にリリースしたものはフォトエッセイということで、コンセプトや発信できるものが異なってくるので今回は"1st" 写真集ということになるわけですが、お話を頂いた時点から既にアイディアを膨らませていました。

地元大阪などの案も出しましたが、滅多にない機会でせっかくならと思い、自分の知らない地で、そしてワクワクするような、かねてより行ってみたかったフランスの地での撮影を決めました。フランスの街並みを感じながらの撮影も楽しく、お城や美術館で国内外初、貸切っての撮影ができたことも光栄ですし、そのために稼働してくださったチームの皆さまにもありがたく思います。

タイトルは制作チームの皆さまからご提案頂いたもので“今の自分がどうか?”ということはそっと横に置いておいて、今後の指針のひとつとして掲げ、自分を奮い立たせながら、タイトル名に相応しい人間になっていけるよう、目指していけるよう、そして自己暗示的な思いも込めて『Etoile』というタイトル名の選択に至りました。

未踏の地での伸び伸びとした姿、フォーマルな姿を写真でたくさん感じ楽しんで頂きながらも、それ以外にも楽しんで頂ける仕掛けをたくさん用意していますし、現状決まっているもの以外にも、もっと何かできないかと考えていますので、楽しみにしていてください!

   ◆   ◆   ◆

『川村壱馬 1st写真集 Etoile』

撮影: ISAC
定価: 3,410円(税込)
発売日: 2024年4月24日(水)
判型: A4判
頁数: 160ページ
URL:https://www.shogakukan.co.jp/books/09682443
発行:小学館
写真集公式X:川村壱馬1st写真集 Etoile【Official】@kazumaEtoile

この記事をツイート

この記事の関連情報