THE YELLOW MONKEY、無観客生配信イベントで2曲サプライズ披露。新曲の元旦リリースも決定

ツイート

THE YELLOW MONKEYが、結成記念日である12月28日に東京・日本武道館から無観客生配信イベントを開催した。

◆「ホテルニュートリノ」ミュージックビデオ

現メンバーで活動開始した日をTHE YELLOW MONKEYの結成日としている12月28日。バンドにとってもファンにとっても大事なこの日は、日本武道館にてライブを開催する事が多かった。今年の記念日は、吉井和哉の十分な歌唱の準備を整えることができない為、ライブ自体は見送ったが、この記念日に前代未聞の日本武道館から無観客の生配信イベントを開催した。

本イベントでは、1995年の初日本武道館公演以降の同会場にまつわるトークを中心にファンと共に過ごす貴重な時間となった。リアルタイムでメンバーの4人が揃って公の場に出るのは、2020年12月28日の日本武道館公演以降、実に3年ぶりとなる。そして生配信も終盤に差し掛かり、誰もいないアリーナフロアからメンバー4人がステージに向かいアコースティック編成で2曲をサプライズ披露した。披露した楽曲は、THE YELLOW MONKEYの結成日にふさわしい「Subjective Late Show」「SLEEPLESS IMAGINATION」。

無観客のため、観客の歓声は届かなかったが、SNS上では久しぶりのメンバーの演奏と吉井和哉の歌声に歓喜するコメントが寄せられた。2024年4月27日には東京ドーム公演を控えているが、順調な調整で迎えられそうだ。バンドにとって久しぶりのライブになるだけでなく、結成35周年イヤーの貴重な1day公演は必見だ。現在、チケット特別先行受付中。

また、2024年1月1日にはWOWOWドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』の主題歌「ホテルニュートリノ」のリリースが決定し、ジャケット写真も公開された。ホテルのネオンのような色が凝縮され、何か岩石のような形にも見える物体が中央で主張する。「ホテルニュートリノ」というタイトルが、“ニュートリノ”というホテルの名前なのか、素粒子の“ニュートリノ”なのか…改めて秀逸なタイトルである。今にも動き出しそうな物体は、今後のTHE YELLOW MONKEYの展開を予期させるものなのか、期待が高まる。

また、「ホテルニュートリノ」のミュージックビデオのプレミア公開ページも12月28日にオープンした。2020年に公開された「未来はみないで」のミュージックビデオ以降の作品となる。2024年になった瞬間の1月1日0時に公開となるため、是非、今からリマインダー設定をして楽しみにお待ち頂きたい。

撮影◎横山マサト


「ホテルニュートリノ」

2024年1月1日(月)リリース
▲「ホテルニュートリノ」ジャケット

<THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2024“SHINE ON”>

2024年4月27日(土) 東京ドーム
Open 16:00 / Start 18:30

特別先行受付中
12/28(木)11:00〜1/8(月・祝)23:59
https://w.pia.jp/t/tym-shineon/

チケット情報
[指定席] 11,000円(税込)
[バルコニー席] 13,000円(税込)
※6歳以上チケット必要(但し、6歳未満でも座席が必要な場合はチケット必要)

特設サイトURL:https://theyellowmonkeysuper.jp/feature/superbigegg2024

この記事をツイート

この記事の関連情報