元スコーピオンズのドラマー、ジェイムス・コタックが死去

ツイート


スコーピオンズやキングダム・カムで活躍してきたドラマーのジェイムス・コタックが、1月9日、61歳で亡くなった。

『Metal Sludge』が訃報を伝えたのに続き、娘のTobiさんは、コタックが火曜日朝、米ケンタッキー州ルイビルで死去したと『TMZ』に話したという。

モントローズ、キングダム・カムなどでプレイしてきたコタックは1996年にスコーピオンズに加入。6枚のスタジオ・アルバム『Eye II Eye』(1999年)、『Moment Of Glory』(2000年)、『Unbreakable』(2004年)、『Humanity: Hour I』(2007年)、『Sting In The Tail』(2010年)、『Return To Forever』(2015年)を制作した。

2016年に健康上の問題からスコーピオンズを脱退後、2018年にキングダム・カムに復帰し、現在に至るまで同バンドで活動を続けてきた。

スコーピオンズのメンバーたちは、「とても悲しい知らせだ…。20年間、僕らの親愛なる友人&ドラマーだったジェイムス・コタックが61歳で亡くなった。ジェイムスは素晴らしい人物で、偉大なミュージシャン、愛情に満ちたファミリー・マンだった。彼は、僕らの„腹違いの兄弟“ってやつだった。本当に寂しくなる。ロックンロール・フォーエバー。RIPジェイムス」と、追悼の言葉をあげている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報