クレイドル・オブ・フィルス、エド・シーランとのコラボ・リリースは「2025年まで待たないと」

ツイート


クレイドル・オブ・フィルスのフロントマン、ダニ・フィルスによると、エド・シーランとコラボした楽曲がリリースされるのは2025年になるそうだ。

フィルスは、ポーランドの音楽メディア『Pełna Kulturka』のインタビューで、シーランとブリング・ミー・ザ・ホライズンがコラボした「Bad Habits」のニュー・ヴァージョン(2022年11月リリース)を聴いたかと問われると、こう語った。

「ああ、聴いたよ。彼らは、俺らが共作し始めた後にあれをやることに決めた。俺らとエドは1年以上前に曲を作ってたからな」「(共作のアイディアが上がってから)約2年半経つ。みんなが実際に曲を聴くのはおそらく、1年後だろう。当然、彼は世界で最もビッグなアーティストの1人で、俺らは彼のルールに従わねばならない…。誤解しないで欲しい、彼はいい奴だ。彼のマネージメントに権利があるって意味だ。それに今年、彼は1年間休みを取るんだと思う。俺らは当然、彼にビデオに出演して欲しいから、シングルのリリースは来年まで待たないとな」

クレイドル・オブ・フィルスは現在、ニュー・アルバムを制作中で、シーランとのコラボはそれに収録予定だという。

シーランとフィルスは、シーランが2021年夏に『Hot Ones』のインタビューで、「子供のとき、本当にデス・メタルに夢中だった。クレイドル・オブ・フィルスやスリップノットなんかを聴いていた」と発言したのがきっかけで、友人関係に発展した。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報