Blackstar、高音質/多機能を誇るエントリー・クラスのギターアンプID:COREの第4世代が登場

ツイート

Blackstarより、高音質/多機能を誇るエントリー・クラスのギターアンプID:COREの第4世代が1 月28 日に発売される。

これまで好評を得てきたID:CORE シリーズは、エントリー・クラスのギターアンプ市場におけるマーケットリーダーな存在。初心者にとっても、高品質な練習用アンプや自宅録音用アンプを探している経験豊富なプレイヤーの方にも最適なギターアンプだ。

第4 世代となるID:CORE V4では、全ギタリストを納得させるトーンは言うまでもなく、臨場感溢れるスーパー・ワイド・ステレオ・サウンドを刷新、1W までのパワー・リダクション機能を初搭載、サウンドのクオリティを損なうことなく小音量でのプレイが実現。

また、ソフトウェアCabRig Lite との連携、Blackstar 独自のISF トーン・コントロール、USB-C 接続に加えて、TRRS ケーブルを使用することで高音質なライブ・ストリーミングが可能。さらに、映画やゲーム、音楽のオーディオ再生にも対応したリニア・スピーカーを搭載することで、自宅での音楽生活に完璧にマッチする。

ID:CORE V4 はBlackstar のソフトウェア「Architect」に対応しており、最先端のCabRig Lite ソフトウェアによって機能を緻密にコントロール、音色をカスタマイズするためのインターフェースにもなる。CabRig Lite とは次世代のDSP スピーカー・シミュレーターで、マイクアップされたギター・キャビネットのサウンドと感触を細やかに再現する。

【主な特徴】
■40W→1W のパワー・リダクション機能により、音質を損なわずに小音量でのプレイが可能。
■スタジオ・クオリティのエフェクトを搭載、臨場感あふれるスーパー・ワイド・ステレオにより美しいサウンドを出力。
■TRRS3.5mm ケーブルで、iPhone やAndroid、スマートフォンなどへのライブストリーミングの入出力が可能。
■次世代エミュレーテッド・アウトプットであるCabRig Lite では、キャビネットやマイクの配置などの設定が可能。(Blackstar のハイエンド・アンプであるSt.James などと同様の機能)
■ソフトウェア「アーキテクト」による高度な編集やパッチの共有が可能。
■特許取得のISF コントロールにより、トーン・コントロールのレスポンスを無段階に調整可能。
■4 チャンネルUSB-C オーディオは、低遅延のレコーディングと本格的なリアンプをシンプルに実現、このアンプがオーディオ・インターフェースへと生まれ変わる。
■ID:CORE V4 40 は、ハードウエアとソフトウェア双方のボイシングの進化により、これまで以上の大音量を実現。
■新しいブラッシュド・エフェクト・パネルが高級感を演出。
■新たにシリーズに加わったID:CORE V4 STEREO 10 BLUETOOTH はBluetooth 接続によってワイヤレス音楽再生ができ、お気に入りの曲を気軽に聴いたり、一緒に演奏したりすることが可能。
■ PB-1 パワーバンク対応で、ID:CORE V4 をどこでも使用可能。バスキングや外出先でのジャムに最適。
■ 目を引く鮮やかな新パッケージデザインは100%リサイクル可能。


▲ID:CORE V4 10


▲ID:CORE V4 20


▲ID:CORE V4 40

ID:CORE V4 10 28,600円 希望小売価格(税込)
ID:CORE V4 20 37,400円 希望小売価格(税込)
ID:CORE V4 40 42,350円 希望小売価格(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報