シャロン・オズボーン「爆弾が落ちても、ゴキブリとキース・リチャーズとオジーは生き残る」

ツイート


オジー・オズボーンの妻でマネージャーのシャロンが、オジーの健康状態について報告する中で、オジーはゴキブリなみの生命力を持つと語った。

『PLANET ROCK』によると、シャロンは先週、『Greatest Hits Radio』からオジーの健康について問われると、こう話したという。「元気にしてるわ。私が(ロサンゼルスから)英国へ戻る度に、オジーも一緒に来たがってる。でも、いつも何かが起きて、彼は同行できずにいるの。この寒さの中、私は彼を連れてきたくないのよ。パーキンソン病の人には良くない。筋肉が動かしづらいから。だから、彼には“今回はダメ”って言ってるの。もうちょっと暖かくなったらね」

「でも、オジーに九生ありよ。もし爆弾が落ちても、ゴキブリとキース・リチャーズとオジーは生き残るわ!」

オジーとシャロンは長年暮らした米ロサンゼルスを離れ、英国へ戻り永住予定。シャロンは、「年を取ると、自分のルーツに戻りたくなる。(オジーの故郷である)バーミンガムよ。オジーとブラック・サバスだらけだもの」「私たちはそこでオジーのメモラビリア(博物館)と音楽スクールを開く計画なの。それに、(バーミンガムには)ブラック・サバス・ブリッジにベンチ、オジー・ザ・ブルもあるわ!」

オジーは昨年終わり、彼が死亡したとのフェイク・ニュースを目にしたそうで、「ちょっと度が過ぎるだろ? 俺はどこにも行くつもりはない。それに、俺は終わりを迎える前にステージに立ち、もっとライヴやるつもりだ」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報