オジー・オズボーン、故郷バーミンガムで最後の2公演開催を計画

ツイート

Photo: Ross Halfin

オジー・オズボーンの妻でマネージャーのシャロンによると、オジーは故郷、英国バーミンガムで最後の公演を開き、ファンに別れを告げたいと考えているそうだ。

英国の新聞『Daily Mirror』は、シャロンがこう話したと伝えている。「彼はもうツアーはやらない。でも、私たち、さよならを言うためにあと2公演やろうって計画しているのよ。彼は、“ファン達にさよならを言っていない。きちんと別れを告げたい”って考えてる」「アストン・ヴィラでやるわ。オジーの故郷だもの」

シャロンによると「彼の声はいまだ完璧」だという。「オフの間ずっと彼は歌のレッスンを受けてる。だから、彼の声はパーフェクトだし、メロディーは全て頭の中に入ってる。オジーの音楽が好きじゃないとしても、オジーを嫌うことはできないでしょ」

日程等の詳細はまだ公表されていないが、会場はアストン・ヴィラFCのホーム・スタジアムであるヴィラ・パークになるのではと推測されている。

オジーは、健康上の問題から2018年12月31日を最後にツアーを中断し、2022年夏にバーミンガムで開催された<コモンウェルスゲームズ>の閉会式と米カリフォルニアで開かれたナショナル・フットボール・リーグのシーズン開幕試合のハーフタイムで数曲プレイしたが、2023年2月にツアー活動からの引退を表明。昨年、<Power Trip>フェスティバルへの出演が発表されたが、数ヶ月後キャンセルしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報