2024年2月のDAM HOT!アーティストはOHTORA、我生ら4組

ツイート

カラオケDAMが、今、熱い!アーティストをマンスリーでレコメンドするDAM HOT!
カラオケプレイリスト等で展開するDAM HOT!アーティストたちをBARKS独占で一挙ご紹介。

   ◆   ◆   ◆

■OHTORA「クソみたいな人生」

【プロフィール】
R&B、City Pop、Funk、Alternativeな音楽を独自のアプローチでJ-POPに落とし込み楽曲を制作しているシンガーソングライター/トラックメイカー。2020年リリース「ツレナイズム」はSpotify台湾バイラルチャート1位を記録&100万再生を記録。1stアルバム『EMPTIE LAND』もiTunes Store(香港)“R&B/ソウルトップアルバム”で1位を記録し、アジアを中心にリスナーを拡大させている。
さらに作家としてもKpopグループから国内メジャーアーティスト(LDH/MAISONdes/ホロライブ等)、Vtuber、CM音楽などジャンル問わず数多く手掛けている。また、プロデューサーユニットNARROWORLDのメンバーとしても活動、豪華客演ともコラボを果たし今勢いのあるクリエイターの一人である。


Digital Album『TIGER POP』
Now On Sale
術ノ穴


今アジアを中心に注目されているシンガーソングライターOHTORAが、新時代の「ポップス」を定義した待望のセカンドアルバムをリリース。自身のルーツであるブラックミュージックやジャズ、ヒップホップ、ハウスなどをJPOPに落とし込んで楽曲を制作し、沢山のこだわりが詰まった今作のアルバムは、新鮮で上質な音楽体験を提供する傑作となっている。「クソみたいな人生」ではmaeshima soshiがプロデュースし、"本当の愛"をテーマに裏切りや後悔、悶々とした自暴自棄な気持ちや人間としてのだらしなさを曝け出したリリックで綴られている。今後のOHTORAが描く軌跡に期待感を得られずにはいられない今回のアルバムをぜひお楽しみください!





■我生「エンディング」

【プロフィール】
東京都出身のシンガーソングライター。現在は都内路上ライブを中心に活動中。一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディと歌詞、そして優しさと切なさを帯びた歌声が特徴的。2023年年8月にリリースした「たぶんね」はTikTokで若者世代を中心に話題を呼び、2023年11月に投稿された「エンディング」が急速に口コミで拡散している。


Digital Single「エンディング」
Now On Sale
我生


シンガーソングライター・我生による、本気の恋とその終わりを経験した全ての人に贈るラブソング。お互いにずっと一緒にいると信じていた恋だったからこそ、ふと思い出してしまう日々は、今でも全て美しい、「今までずっとありがとう」と元恋人への感謝で締めくくられるこの楽曲に込められたメッセージと、包み込み語りかけるような優しい我生の歌声に注目だ。2023年11月に“忘れられない恋をしたあなたに聴いてほしい曲”として、TikTokに「エンディング」のデモ音源を公開して以降、瞬く間に若者世代を超えて多くの世代のリスナーを巻き込み話題となっている。





■Blue Mash「東京ラストティーン」

【プロフィール】
大阪寝屋川市発、2002 年生まれ 新進気鋭の4 ピースロックバンド。 衝動的なライブパフォーマンスと感情的に歌い上げる どこか懐かしいメロディーを武器にライブハウスを主戦場にし自主企画も続々とソールドアウト公演続出!


1st mini album『大都会に告ぐ』
Now On Sale
Blue Mash


今作、全国初流通作品1stMini Album『大都会に告ぐ』は、今までライブでの定番となってる楽曲から、新たに書き下ろした楽曲といった構成となっており、ギターボーカル優斗が綴るストレートで激しくもどこか懐かしく切ないメロディー、また若者のリアルな心情を吐露した歌詞、そして彼らの真骨頂である激しさの中にも切なさと優しさが共存するロックサウンドは、多くのリスナーの共感を呼び心に突き刺さる名盤となることであろう。





■超☆社会的サンダル「可愛いユナちゃん」

【プロフィール】
TikTokやYouTubeから数々のヒット曲が⽣まれる中、コロナ禍に誕⽣したSNS全盛のZ世代の音楽シーンに刺さるロックの超新星”超☆社会的サンダル”。2023年夏出れんのサマソニ、閃光ライオットなどで⼤注⽬!そして2024年2⽉7⽇に2023年夏公開しMVが話題になった「可愛いユナちゃん」を収録したバンド初の全国流通CDとなる1st mini album『漂☆流』をリリース!相対性理論、神聖かまってちゃん、クリープハイプなど、令和のサブカルシーンにタイムトリップ︕東京・⾜⽴区発のソングライターオニザワマシロの独特の世界感のある歌と楽曲、平均体重100kg、⾝⻑180超えの巨漢メンバーで固めるバンドサウンドに中毒者続出︕︕


1st mini album『漂☆流』2024年2月7日 On Saleラブ・ラッドレコード


"超☆社会的サンダルのオニザワです⭐今回初の全国流通する事になりました~。その名も『漂☆流』・:*+.\(( °ω° ))/.:+

流れて流れて流れて大人になって、ババアになってジジイになって流れて流れて流れて死んでいくわけで、結局なーんにもなくなっちゃうんだよね〜。まじでグロいし最悪⤵。なんのために生きてんの〜?まじで人間ってバカ(´Д` )って感じ。

でもどうせ死ぬなら好きな人を好きって言ってたいし、脳みそ空っぽで抱きしめていたい。バカでいい。と沸々思います^_^だから薬じゃ治んない事も、魚が捕まらなくても、17歳のままでも、本当の明日が来なくても、なーんも気にしません。愛があるから〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+まじで上記の内容の曲が7曲収録されてます。ポイントなんてないよ〜♡。愛があるから〜♡"




この記事をツイート

この記事の関連情報