【インタビュー 前編】Devil ANTHEM.、1stメジャーアルバムに青春「私たちが捧げているデビアンへの想いそのもの」

ツイート
no_ad_aritcle

“沸ける正統派アイドル”をコンセプトに2014年より活動を開始し、2023年5月にはシングル「ar」でメジャーデビューも果たした5人組のアイドルグループがDevil ANTHEM.だ。2024年は結成10周年というアニバーサリーイヤーとなるわけだが、同時に、12月27日に行われるTOKYO DOME CITY HALLでのワンマンライブをもってグループとしての活動を休止するという発表もされている。

◆Devil ANTHEM. 動画 / 画像

活動休止期間も、その後の体制についても全て未定ということだが、メンバーそれぞれが自分自身のことや将来のこと、そしてDevil ANTHEM.という存在意義を見つめ直すために一度立ち止まるという決断がなされたそうだ。

今回のインタビューでは、まず前編で2月にリリースされたメジャー1stアルバム『Blue Youth』の制作を通してそれぞれが感じてきたグループの変化や進化についてをフィーチャー。後編では楽曲の解釈やレコーディングのエピソードを伺い、活動休止に対する現在の思いなども語ってもらった。


   ◆   ◆   ◆

■その時々で私たちが真剣に向き合ってきたもの
■それが合わさったら青春という作品になった


──ニューアルバム『Blue Youth』がリリースされました。リスナーの皆さんからの反応などはいかがですか?

竹本:めちゃくちゃ好評です。今回のアルバムにはいろんなジャンルの曲が収録されていて、例えばジェットコースターみたいに勢いのあるカッコいい曲や、甘い感じの曲、青春の爽やかな曲など、緩急もすごい楽曲がギュッと詰まっているんですね。皆さんの声を聞いた感じでは、「GOD BLESS YOU!!」が好きっていう人がいたり、表題曲の「Blue Youth」の爽やかな感じが好きという方がいたりして様々なんですけど、全員に刺さってる感じだなと思っていて。かなり好意的に思ってもらえてるんだなって私は感じています。

安藤:ファンの人に「どの曲が好き?」って聞くと、結構みんなバラバラなんですよ。“こんなに分かれるんだ!”と思っていて。でも、「どの曲もすごく好き」って言ってくれています。今回はいろんな曲調の楽曲があるんですけど、デビアン(Devil ANTHEM.)らしさを感じられる曲もあれば、「maybe…なんてモード」や「好きだ!」なんかは、これまでのデビアンとは違った雰囲気もあります。だから今回のアルバムの曲は、ライブでやっていても新鮮な感じがするんですよね。曲に合わせて、いつもだったらカッコよく歌ってる感じをちょっと明るく歌ってみたり、かわいらしく歌ってみたり。そうやって、歌い方を変えてみたりもしています。


▲竹越くるみ

──今ライブの話がありましたが、個人的には、ライブを1本見てるような感じで聴けるアルバムだなと思いました。

水野:ありがとうございます。今回のアルバムはまさにそんな感じだなと思います。「Blue Youth」から始まって、今まで出してきた曲…「GOD BLESS YOU!! 」や「PA PA PA」、「ar」などがあって、最後に「maybe…なんてモード」。以前『Fake Factor』というアルバムを出した時に全曲ノンストップでライブをやったことがあるんですが、このアルバムも、あの時みたいに、アルバム収録曲をフルでライブでやっても面白いなって思ったし、そういう感じをイメージできるアルバムになったなって私も思いました。

──アルバム収録曲をフルでライブ! それはぜひやってほしいです。

橋本:アルバムに収録されている曲全部、本当にジャンルが違うから、ライブで「冬ラテ」を披露したときには、「デビアンって、こんなに切なくも歌えるんだね」とか「こんな大人っぽい一面があるんだ」って言われたりもしました。「tobira」という曲は高音のパートが多くて結構大変なんですけど、「こんなに声が出るんだ!」とか「めっちゃ響いてたよ!」みたいな感想もいただいて。今回のアルバムの楽曲を通して「デビアンの成長を感じた」みたいなことを言われたりもしてるので、これこそファンの声だなって感じでした。

──ファンであり、ずっと見守ってきたプロデューサーのようなご意見ですね(笑)。竹越さんはどんなアルバムになったと感じていますか?

竹越:インディーズ時代もシングルとかアルバムとか本当にたくさん出させてもらったんですけど、どんどんいろんな曲が歌えるようになって、自分たちの成長を感じていたんですね。でも今回のアルバムで、まだ歌ってなかったジャンルがこんなにあったんだっていう新しい発見や、そこから感じる自分たちの成長みたいなものもありました。それこそ「冬ラテ」とかはちょっと失恋ソングっぽい感じなんですけど、そういう失恋の悲しい気持ちって、たぶん私たちが小さい頃というか、中学や高校の頃には歌えなかったと思うんですよ。メジャーデビューさせてもらって、私たち自身も大人になって、大人になったからこそ歌える曲も増えて…。自分たちに対して、まだまだ無限大な可能性を秘めているんだなっていうのをすごく感じることができて、個人的にはなんだかすごく面白いアルバムになったなと思いました。


▲橋本侑芽

──皆さん10代前半の頃に加入されたわけですからね。

竹越:はい。たとえそういう曲が歌えたとしても、例えば15歳の私たちが歌ったって説得力がないと思うんですよね。でも今は少しだけ、歌の表現にも厚みが出たような気がします。

──そうですね。

竹越:私たちがまだ小さかった頃は、チャーミングな曲が多かったんですよ。デビューシングルの「Devil ANTHEM. 〜キミのハートを征服中〜」もそうだけど、悪魔と天使が出てきたり、ちょっと現実味がない曲が多かったんですね。だけど大人になるにつれて、“みんなで手を取り合って未来に向かおう”とか、そういうメッセージも増えてきて。メジャーデビュー曲の「ar」はファンと私たちの曲だったと思うし、今回の「Blue Youth」は、ずっと一緒にいるメンバーのことを改めて思い合って歌うような曲になりました。

──そうやって歌詞の内容も変わってきたんですね。

竹越:メジャーデビューしてから、よく「実感ありますか?」って聞かれるんですけど、このアルバムを出してやっと実感が湧いてきたというか。メジャーデビュー出来てよかったなってすごく思いますし、メジャーデビューして、さらに私たちがこうして大人になって提示する最初のアルバムがこの作品で良かったなってすごく思いました。


▲安藤楓

──グループとしての成長や進化が感じられるこのアルバムに付けられた『Blue Youth』というタイトル。このワードに関してはどんなふうに受け止めていますか?

安藤:「maybe…なんてモード」という曲には“先生”ってワードが入っていたりして、まさにTHE青春!な曲。「好きだ!」も学生生活で味わうような具体的な恋愛のドキドキ感が浮かんできたりするんですね。そういう日常的な青春の一場面みたいなものもそうだけど、青春そのものをこのデビアンの活動に捧げてきた私たちメンバー自身にとっての青春感みたいなもの、そのどちらの意味も含んだタイトルじゃないかなって思います。

──ちなみに、タイトルはどの時点で決まったんですか?

竹本:もう本当に、最後の最後です。そもそもレコーディングした時期も全くバラバラだったりするから、今回のアルバムのテーマが“青春”みたいなことになるっていうのも、タイトルが『Blue Youth』になるっていうことも、アルバムとして完成するあたりに私たちは知ることになるんです。だから前もってそういうテーマに対する思いを持ってレコーディングに臨むというよりは、本当にそのときそのときの気持ちで、いただいた曲に対してどういうふうに歌いたいかを考えながら歌ってる曲ばかりなんです。


▲メジャー1stアルバム『Blue Youth』

──そういう流れなんですね。

竹本:「tobira」なんて去年の夏前に録ってたものだし、「冬ラテ」は冬だから季節感も全くバラバラ。「ar」はメジャー1stシングルだったから、結構前に録ってましたし。その時々で私たちが真剣に向き合ってきたものが合わさったら、結局“青春”っていうひとつの作品になったんですよね。私たちが捧げているデビアンへの想いそのものが、“青春”なんだなってすごく思います。

安藤:確かに!

竹本:このアルバムの曲たちを聴いて、ネガティヴになることってたぶんないと思うんですよ。「冬ラテ」は少し失恋の曲ではあるんですけど、ちゃんと前を向こうっていう思いも込められている。「maybe…なんてモード」も“上向いていこうよ!”みたいな曲ですしね。ファンの方、聴いてくれる方を笑顔にするやり方っていろいろあると思うんですけど、私たちはステージで戦ってるというか、強い意志を持ってステージの上で頑張っているので、そのステージ上からみんなを笑顔にできる曲たちがこのアルバムにはたくさん詰まっていると思います。『Blue Youth』は、上を向ける、前向きになれる曲たちが集まったアルバムになっていると思います。

──そのステージを見て、笑顔になっている瞬間そのものも青春ですよね。

竹本:そうですね。そう感じてもらえると嬉しいです。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報