荻野目洋子、所ジョージ書下ろし木梨憲武プロデュース新曲「Let's shake」を初披露

ツイート

デビュー40周年を迎える荻野目洋子が、2月27日に実施されたLINE CUBE SHIBUYAのステージで、ダンシング・ヒーロー以来のダンスチューン新曲を発表。“ネオ・カントリーステップ”を取り入れたダンスの振りを初公開した。LINE CUBE SHIBUYAのステージは、東京でのコンサートホールライブのスタートであり、4月3日からスタートさせる40周年ライブツアー<Yoko Oginome LIVE Tour 2024 〜The 40th Anniversary〜>のツアースタートの為の重要な幕開けであった。

ライブの内容は40周年の軌跡をファンヘ報告するが如く、幼少時代~デビュー3作目までの写真&映像によるプレビューのオープニングアクトから始まり、黒のドレスに緑をアクセントにした原色豊かなストライプデザインの衣装で現れた荻野目は、各シングルの発売順を追って歌唱する展開で進んでいった。ステージの内容は多岐にわたり、売野雅勇プロデュース作品の歌唱パート。企画カヴァーアルバム『Songs & Voice』から「終止符(アリス)」「青春の影(TULIP)」の2曲を歌い上げるフォークソングパートなども取り入れて構成された企画内容に、観客はじっくり聴き入りながらも、大きな歓声が送られていた。


ライブ中盤、白ジャケットとスパンコールスカートのセットアップ風スタイルで再登場してからは、初の目玉企画でもあるファンからのエピソードリクエスト曲「NONSTOP DANCER」をエピソード交え披露。さらに、ILO(国際労働機関)から依頼され、児童労働のない世界を願って自身で書き下ろしたILO(国際労働機関)児童労働反対キャンペーンソング「宝石 ~愛のうた」を、本人のウクレレ演奏と共に披露し、2023年4月8日からスタートした<Yoko Oginome Spring Live 2023 “Bug in a dress”>で会場限定発売され、自身プロデュースのアナログ盤『Bug in a Dress』の中から、90歳になる母をイメージして書いたという「Private Dancer」を自身のアコースティックギターと共に披露し、続けて「オギノメちゃん」という愛称で呼ばれ続けている自分をオーバーラップさせて作詞&作曲した「ニックネーム」という曲も披露した。また中盤では事務所の盟友であるMAXのゲストコーナーもあり、後半では「北風のキャロル」「コーヒー・ルンバ」「ジャングル・ダンス」とビート感溢れる曲を軽快なダンスやタンバリンも用いて披露し、ファン待望の「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)Modern Version」のステージへと繋げていった。ステージでは、シークレットゲスト、平野ノラ、LiLiCoも呼び込み、ゲストであるMAX、シークレット・バブリーダンサーズも含めて全員一体となりパフォーマンスを披露、会場の興奮もピークとなっていった。


そしてついに、アンコール一曲目で、新曲「Let's shake」の初公開となったが、アンコール明けには、「Let's shake」を作詞&作曲した所ジョージ、楽曲をプロデュースした木梨憲武両名のコメント映像も流れ、“ネオ・カントリーステップ”を取り入れたダンスと共に「Let's shake」を初公開。観客はバブリーダンス「ダンシング・ヒーロー」以来のダンスチューンの初公開に興奮冷めやらない状態となり、約1900人の観客はその姿に改めて魅了された。アンコールラストは1986年4月21日に発売されたアルバム『ラズベリーの風』から「夏のステージライト」をアカペラで披露し、全27曲を歌い上げた。

今回ステージで初公開された、新曲「Let's shake」の“ネオ・カントリーダンス”ティザー映像が、配信発売に先駆けて先行公開された。

●荻野目洋子 コメント
昨年、木梨さんのラジオゲストに呼んで頂いた時、デモ曲が出来上がっていて驚きました(笑)。すごくカッコいいと思いました!この様な形で新曲が生まれたのは初めてです。ご縁とサプライズが相まって劇的ダンスチューンに仕上がりました。所さんの創作意欲に心から感謝です。
振付けに関しては、以前からカントリー・ステップをやってみたかったので、三浦亨先生に提案させてもらいました。(「ダンシング・ヒーロー」でお馴染みの三浦先生です)イケイケなサウンドに合わせるのが新しくて面白いかなと。昔から伝わるステップとダンスミュージック、そのミスマッチな組み合わせをネオ・カントリーステップと名付けています!ご家族、お友達、仕事仲間とぜひ一緒に楽しみながら踊ってみてください♡



セットリスト

<40th Anniversary Special Live>
Opening VTR
「未来航海」(MV)  1stシングル/1984年4月3日
「さよならから始まる物語」(MV) 2ndシングル/1984年7月21日
「ディセンバー・メモリー」(ジャケット写真紹介) 3rdシングル/1984年11月5日

1、「無国籍ロマンス」4th シングル/1985年2月21日
2、「恋してカリビアン」5thシングル/1985年5月21日
3、「心のままに」6thシングル/1985年8月5日
荻野目ナレーション
4、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」introのみ/7th シングル/1985年11月21日
荻野目ナレーション
5、「Dance Beatは夜明けまで」9thシングル/1986年6月10日
6、「六本木純情派」10thシングル/1986年10月29日
MC
7、「ベルベットの悪戯」9thシングルB面/1986年6月10日
8、「ロマンティック・オデッセイ」10thシングルB面/1986年10月29日
メンバー紹介
9、「湾岸太陽族」11thシングル/1987年3月3日
10、「悲しきヘアピン・サーカス」/アルバム『246コネクション』/1987年7月16日
MC
11、「さよならの果実たち」12thシングル/1987年6月21日
12、「ストレンジャーTonight」14thシングル/1988年1月21日
13、「スターダスト・ドリーム」15thシングル/1988年4月27日
MAXコーナー
「Ride on time」(一部、荻野目洋子とコラボ)
「GET MY LOVE!~Seventies~TORA TORA TORA~銀河の誓い」(ユーロドレー歌唱)
Band overture
14、「DEAR~コバルトの彼方へ~」16thシングル/1988年7月21日
MC
フォークカヴァー
15、「終止符(アリス)」/カヴァーアルバム『Songs & Voice』/2009年11月25日
16、「青春の影(TULIP)」/カヴァーアルバム『Songs & Voice』/2009年11月25日
MC
エピソードリクエスト
17、「NONSTOP DANCER」/アルバム『NON-STOPPER荻野目洋子‟The BEAT”Special』/1986年12月16日
MC
18、「宝石~愛のうた~」アナログ『Bug in a Dress』/2023年4月8日
MC
19、「Private Dancer」アナログ『Bug in a Dress』/2023年4月8日
20、「ニックネーム」アナログ『Bug in a Dress』/2023年4月8日MC
21、「北風のキャロル」13thシングル/1987年10月27日
22、「コーヒー・ルンバ」25thシングル/1992年5月8日
23、「ジャングル・ダンス」15thシングルB面/1988年4月27日
MC
24、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) Modern Version」
/アルバム『NON-STOPPER荻野目洋子‟The BEAT”Special』/1986年12月16日
MC
25、「昨日より輝いて」アルバム『FAIR TENSION』/1989年11月21日

EC
MC
26「Let’s shake」/(今春配信予定新曲)
MC
27「夏のステージライト」アルバム『ラズベリーの風』/1986年4月21日

<ゲスト>
●MAX ●シークレット・バブリーダンサーズ
<シークレットゲスト>
●LiLiCo ●平野ノラ
<バンドメンバー>
●海老原真二(key) ●GRACE(Drums) ●御供信弘(Bass) ●飯室博(Guitar)
この記事をツイート

この記事の関連情報