ロクデナシ、アニメ『終末トレインどこへいく?』エンディング主題歌を担当

ツイート

ボーカリスト「にんじん」と気鋭のボカロ Pらコンポーザーによる次世代音楽プロジェクト“ロクデナシ”が、4月1日より放送開始となるオリジナルTVアニメーション『終末トレインどこへいく?』エンディング主題歌を担当する。

『終末トレインどこへいく?』は、『SHIROBAKO』『ガールズ&パンツァー』などを手掛けてきた水島努監督による最新オリジナルアニメーション。今回挑むのは「終末世界×電車×友情」。異色の掛け算で展開される、まだ誰も見たことのないアニメーションだ。

ロクデナシとして初めてのアニメタイアップ作品となるエンディング主題歌の新曲「ユリイカ」は、コンポーザーにボカロP・傘村トータを迎えて制作された楽曲。アニメ第1話の放送直後となる4月2日に配信リリースされる。

●コメント
この度『終末トレインどこへいく?』のエンディング主題歌として「ユリイカ」をボカロPの傘村トータさんと制作しました。ロクデナシとして初めてのアニメタイアップで、自分自身もよくアニメを見ているので担当させてもらえて光栄です。アニメの中のエンディングとして、曲がどういう形で流れるかを想像して歌いました。特にサビは声を張って歌う部分が多いので、のびのび歌えてとても気持ち良かったです。皆さんの心に響く楽曲になることを願っています。(ロクデナシ・にんじん)



リリース情報

Digital Single 「ユリイカ」

2024.4.2 Release
https://rokudenashi-ninzin.lnk.to/Eureka
この記事をツイート

この記事の関連情報