【ライブレポート】krage、様々な音色で圧倒した初ツアー「みなさんの気持ちに寄り添える人でいたい」

ツイート


最新リリース「春想」(アニメ『天官賜福 貮』日本語吹替版エンディング)と「request」(TVアニメ『俺だけレベルアップな件』エンディング)の、アニメタイアップ2曲で俄然注目度アップ。新世代シンガーソングライター・krageの1st Live Tour<Welcome to My Tone>の東京公演を観た。デビューから間もなく2年、歌声が先行してどこか謎めいた存在だった彼女の存在を確かめる絶好の機会だ。観客も同じ気持ちなのだろう、開演前のフロアに流れるのは期待と緊張の入り混じった張り詰めた空気だ。

「<Welcome to My Tone>ツアーへようこそ」

1曲目「Missing」から、非日常の裂け目に落ち込んだようなダークファンタジックな世界へと観客を誘い込む。青い闇と淡い光に包まれながら、髪と服は彼女のテーマカラーである緑と青で揃え、海の中で泳ぐように歌うkrage。バックを固める二人、ドラムとキーボードが精密な電子音と生音を融合させた刺激的なサウンドを紡ぎ出す。ダブステップやハウスを内包する先鋭的なビート、優雅にたゆたうピアノの音色が「Vanity」から「LOST」へと徐々に明るさを増し、生ドラムが叩き出す力強いパルスとロマンチックなメロディが輝く「FIX」へ、テンポと色彩を変えながら曲は進む。照明が暗く表情が見えにくいのは意図的だろう。唸るような低音から叫び出しそうに震えるハイトーン、生々しい息継ぎの呼吸音に至るまで、エモーショナルな歌声だけで圧倒する。凄い声だ。





「東京のみなさん、こんばんは。今日は、普段から私を応援してくださる方、作品をきっかけに初めて足を運んでくれた方、いろんな方がいらっしゃると思いますが、私の声と素敵なバンドの演奏で楽しい夜をお届けします」

北海道出身の私にとって、東京は様々な意味で刺激的な場所です──そんな前置きにぴったりの曲は「東京Longing」。Longing=憧れというワードに込めた、たぶんシンガーソングライター・krageの本音に最も近い曲。親しみやすいメジャーコードの曲調、R&Bテイストの伸びやかな歌い方が自然体でハマってる。











「ツアータイトルには“私の音色へようこそ”という意味があります。私は普段音楽をやる上で、楽曲ごとに声の表現を使い分けたり、私のルーツでもある中国語だったり、いろんな言語を使い分けることを大切にしています」

ここからはもっともっと、深いゾーンへ。「ATTACHMENT」から「Xu」へと楽曲の深度が深まり、テンポが遅くなり、そのぶん表現の力強さと熱量が増してゆく。極めつけは、凛として時雨のTKプロデュース曲「request」だ。TKらしいエッジの鋭いロックサウンドで、振り絞るハイトーン、ほとばしるエモーション、心かき乱すディストーション。ここまで静かに聴き入ってきたフロアから自然発生で手が上がり、ジャンプが起きる。凄い曲だ。









「ここからは、私の思い出の曲たちをピアノで弾き語りしたいと思います」

ステージ中央にキーボードが用意され、たった独りで挑む弾き語りステージ。曲はLady Gagaの「You and I」と、TK from凛として時雨の「unravel」だ。“音楽を始めたきっかけの曲”は、美しいメロディの英語バラードにせつない思いを乗せて。“初めて衝撃を受けた日本の曲”は、饒舌な歌詞に切羽詰まった激情を込めて。





もう1曲、再び3人に戻って優しく穏やかなバラード「Answer」を歌い終えると、ライブはいよいよ佳境に入る。

「ここでちょっとだけ、私のお話をしてみようかなと思います」

独り語りのMCはとても誠実で飾り気のないもの。krageというアーティストになる前の、バンド活動のこと。何年間か音楽をやめていた冬の時代のこと。焦りと不安、それも今思えば大切な時期だったこと。その時と私と同じような気持ちでいる人へ、何かを好きでいられることを誇りに思ってほしいこと。

「それでも辛くなった時には、私が音楽を通してみなさんの気持ちに寄り添える人でいたいと思うし、そういう音楽を作り続けていきたいなと思います」

krageの歌に、巧さや迫力だけではない悲しみや切なさが宿るのは、きっとそうした過去を乗り越えて今があるから。長く終わりの見えない冬から、暖かな春が来ることを願って──。ラストを飾る「夏の雪」と「春想」の壮大なバラード2曲が、あくまで個人的なものとして、切々と胸に迫る。目がくらむ逆光、ドラマチックな曲調、アニメ作品とリンクした迫力ある音像、しかしそれ以上に凛として強いkrageの声。



緊張度の高い本編を乗り切って、ほっとしたのだろう。アンコール1曲目、しっとりとバラード「drown」を歌い終えたkrageは、こんなに可愛らしい人でしたっけ?と思うほどよく笑い、よくしゃべり、お気に入りのツアーグッズを紹介して楽しそう。ドラムス・岡本啓佑、キーボード・カメダタクにもマイクを持たせ、和気あいあいとしたおしゃべりと、歌う時の近寄りがたいほどのオーラとのギャップがすごい。







「これからもみなさんのそばにい続けられるように、願いをこめて」

あれから2年が経つが、krageとしてのデビュー曲「HIBANA」は、何度でも戻れる彼女の原点。光を灯す。夜が明ける。未来を迎えるために歩き出す。「krageでした!」と手を振る笑顔が輝いて見える。ファースト・ライブツアーにもかかわらず、堂々と落ち着いたパフォーマンスと、噂通りの素晴らしい歌声を披露し、自らのルーツと現在、そして未来をも見せてくれたkrageに拍手を。彼女の心が奏でる様々な音色は、フロアを埋めた観客全員に必ず伝わったはずだ。



文:宮本英夫
撮影:浅香郁絵

  ◆  ◆  ◆

■セットリスト

krage 1st Live Tour<Welcome to My Tone>
2024年3月19日(火)恵比寿 LIQUIDROOM

1.Missing
2.Vanity
3.LOST
4.FIX
5.東京Longing
6.ATTACHMENT
7.Xu
8.request
9.You and I/Lady Gaga
10.unravel/TK from凛として時雨
11.Answer
12.夏の雪
13.春想
En1.drown
En2.HIBANA

■リリース情報

krage/【request】(CD+BD) AICL-4552~3 ¥2,750
<CD>
01. request
02. 春想
03. request (Animation: Solo Leveling Edition)
04. request (English Ver.)
05. request (off vocal)

TV アニメ「俺だけレベルアップな件」ノンクレジットエンディング
request Music Video

・ストリーミング&ダウンロード
https://krage.lnk.to/1vaZzE

krage/【春想】(CD+BD) AICL-4554~5 ¥2,750
<CD>
01. 春想
02. request
03. 春想(Anime edition)
04. 春想(Chinese ver.)
05. 春想(Off vocal ver.)
<BD>
アニメ「天官賜福 貮 」日本語吹替版ノンクレジットエンディング
春想 Music Video

・ストリーミング&ダウンロード
https://smar.lnk.to/zrDvRJ

<krage 1st Live Tour 『Welcome to My Tone』>

2024年3月17日(日)大阪・BIGCAT OPEN16:15/START17:00
2024年3月19日(火)東京・LIQUIDROOM OPEN18:00/START19:00
2024年3月23日(土)北海道・cube garden OPEN17:00/START17:30

この記事をツイート

この記事の関連情報