ボ・ディドリー、Nikeを訴える

ツイート
 スポーツ衣料メーカー、Nikeは、Nikeを着てない奴は“これっぽっち(diddley)”も分かっちゃいないと宣伝しているが、Bo DiddleyはNikeは法律のことが“これっぽっち”も分かっちゃいないと言っている。ロックの殿堂入りスター、Diddleyは彼の肖像と名前を許可無しに使用し、Tシャツを販売しているとしてNikeを訴えた。

 71歳のDiddley(本名Ellas McDaniel)はTシャツの販売中止と損害賠償をNikeに求める訴えを、マンハッタンの連邦裁判所に提出した。Diddleyの弁護士によると、Diddleyは''89年に彼の名前をもじったキャッチフレーズ“You Don''t Know Diddley(これっぽっちも分かっちゃいない)”を使い、スポーツ選手、Bo Jacksonを起用した宣伝キャンペーンでNikeと2年契約をし、Tシャツが製造、販売された。''91年に契約が切れた後、両者は契約継続の条件同意に至らなかった。

 昨年、Nikeが店頭やカタログ、インターネットを通して再びTシャツを販売している事にDiddleyが気づき、今回の起訴となった。Nikeでは今年初頭にDiddleyに対しローヤリティーの支払条件を申し入れたと言っているが、Diddleyの弁護士は、その条件を断った後、Nikeからは“これっぽっち”の連絡も無く、Tシャツの販売を中止するようにという繰り返しの要請を無視したと語っている。
この記事をツイート

この記事の関連情報