ミック・ジャガー、映画に夢中

ツイート
 Mick Jaggerは最近、非常に精力的に活動しているが、彼の頭の中に音楽という文字はあまり無いようだ。The Rolling Stonesのフロントマン、Mick Jaggerは現在3本の映画の制作に取り掛かっている。一つ目は『Goodfellas』の監督、Martin Scorseseと組み、共同脚本、プロデュースで仮タイトル『The Long Play』という音楽業界に関する映画の準備に入っている。現在のところ『The Long Play』のクランクイン時期については分かっていない。

 また、Paramountで制作準備の最終段階に入っている音楽業界コメディ映画『Swap』でもJaggerは脚本、プロデューサーを務めている。主役の候補に名が挙がっているのは、Joseph Fiennes、Ewan McGregor、Jude Lawの3人で、最終決定を待つ状態である。3本目は既に制作進行中で、第二次世界大戦時にナチスドイツの暗号を解読したスパイを描いた『Enigma』。『タイタニック』のKate Winsletが出演しており、年内公開をめどに撮影が続けられている。

 これらに加え、Jaggerは詩人Dylan Thomasの伝記映画『Map Of Love』も準備中だという。全てのプロジェクトは、Jaggerの映画制作会社、Jagged Filmsで行なっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報