ジョージ・ルーカスがDr. Dreを訴える

ツイート
 映画『Star Wars』の監督として有名なLucasfilm LimitedのGeorge Lucasが、Dr. Dreを相手取りカリフォルニア州北地区米地方裁判所に訴訟を起こした。損害の詳細は明らかにされてないが、Dr. Dreが最新アルバム『2001』で「THX Deep Note」を使用したというのが理由らしい。

 THX Deep Noteは「温かみのある空間、クレッシェンド、そして最終的に長調音に集約されるチェロの部分的人工合成音から成る音質基調の複雑構造」と訴訟で記述されている。映画ファンはTHX Deep Noteが何であるかお分かりのはずだ。THXサウンド技術を使った音響技術で、映画や劇場でTHX予告編などに付随してみられる広域で深みのある音だ。LucasfilmはTHX音響を連邦商標として登録している。

 Dr. DreはTHXサウンドの使用を事前に申請していたが、許可が下りなかったので、無許可のままとりあえず使ってしまったとのことだ。裁判記録には「被告はLucasfilmの同意なしに、無許可と分かりながら、レコーディングおよびまた制作、流通、宣伝、営業、販売に至るまでLucasfilm保護下のTHX Deep Note技術を抱合した作品と製作物を侵害し、商取引開始およびまた運輸、通商においての使用により作品及び製品を侵害した」と読み込まれている。

 Dr. Dreは他にも裁判を抱えており、Napsterに4月21日付けでダウンロードライブラリーからDr.Dreの曲を全て削除するよう要求している。もし守られなければな同社を著作権法違反で訴える構えだ。なお同社は先日Metallicaからも訴えられた
この記事をツイート

この記事の関連情報