Will Smith、著作権侵害で訴えられる

ツイート
 Will Smithが著作権侵害でサンフランシスコの裁判所において起訴された。訴えたのはGrandmaster Flash & the Furious Fiveの「Superappin」のソングライター4名である。

 Guy Todd Williams、Nathaniel Glover、Melvin Glover、Eddie Morrisによる起訴内容は、Smithがアルバム『Willennium』に収録した「Will2K」において、彼等の承諾無しに「Superappin」の曲の一部を使用したというものである。

 また、ラッパー/俳優であるスーパースター、Smithは、クレジットにおいて原告達の名前を“省略”し、代わりにWill Smith、Bobby Robinsonの名を記したとしている。

 Treyball MusicのRobinson(本名Morgan Robinson)は、Treyball Music、Sony Music Entertainmentと共に被告として名を挙げられている。原告達は損害賠償、被告の利益の歩合、そして陪審裁判を求めている。Sony Musicはコメントを出していない。

記:Neil Weiss、ロスアンジェルス
この記事をツイート

この記事の関連情報