タイトル『千嘉千涙』に込められた思いとは…?

twitterツイート
Kemuri

 スカとパンク、そしてハードコアの融合した音楽をベースとし、さらにホーンセッションを加えたダイナミックなサウンドで、今もっともライヴシーンをわかせている集団、
Kemuri。前作『77days』から約2年間の時間を経て、9月6日に待望の3rdアルバム『千嘉千涙【senka-senrui】』が発売される。アルバム発売そして、9月末から年内だけで3カ月間45ヶ所をまわるツアー直前の、イトウフミオ氏(ヴォーカル)に、いろいろ語ってもらった。


























メッセージ映像が
観られます!





kirisame」のプロモーション
ビデオが観れます!




―― ズバリ、『千嘉千涙【senka-senrui】』はどんなアルバムですか?

イトウフミオ:

そうですね。Kemuriの3枚目のアルバムで、メンバーがひとり抜けまして、いままでとは違って6人になって、“新生”Kemuriという感じで作ったアルバムです。どういう風に思ったりしたとか、どういう風に感じたりしたとかは、それは多分聴いていただくのが一番早いかなぁ、と思ってまして。とにかく、今まで以上に自分達の好きなことをやろうと、好きなことだけやっていこうと思って作ったアルバムです。それが非常にいいカタチに表現できてたんじゃないかと思っています。



―― 2年ぶりのアルバムですが、サウンドが前作に比べてさらにはじけている印象を持ったんですが、それは、自分達の中でなにか抑えていた部分、というものがなくなってきたんでしょうか?

イトウフミオ:
まぁなんというか制約というか、本当に…。うーん、そうですね。「こういう風にしなくちゃいけないのかなぁ」なんて思っていたことや、漠然とした不安がなくなって、「好きなことやっていいや」っていう。楽しさ優先、気持ち良さ優先、と思っていただいていいんじゃないかなと。


―― ところで、今回のアルバムのタイトルを『千嘉千涙』にしたキッカケとは?

イトウフミオ:
そうですね。“千嘉千涙”という言葉の意味は“たくさんの喜びと、たくさんの悲しみ”という感じです。これは自分達で作った造語なんですが、思い通りになること、喜びがたくさんあっても、必ず悲しみというものと、2つは一組になってやって来るものなんだろうなぁ、と強く感じたんですね、今回。
 だから、すっごい喜んでいるときでも、やっぱり慢心しないで、足下を見てしっかり歩んで行きたいし、また逆にね、思い通りにならないことが多くても、絶望的にならないでね、その後には必ずやっぱりいいことがあるから。それを忘れないで、本当に、地に足をつけて、自分の目標だけを見てね、それが遠くにあるものでも近くにあるものでも、ずっとやっていきたいなと…そういう気持ちって絶対忘れたくないな、と思ってこういうタイトルをつけました。



―― そういう風に、いいことも悪いことも…とか、自分が今立っている場所について、じっくり考える時期というのは、わりとヘヴィーな時とか、環境に劇的な変化があったときのような気もするのですが…。このアルバムを作るまでの2年間というのは、そういった、いろいろな波が押し寄せてくる時期だったのでしょうか?

イトウフミオ:
…やっぱり、ライヴをやる会場もだいぶ規模が大きくなってきたし、本当に自分達が楽しめればいいやと思ってきたバンドが、思っていた以上、予想していた以上にたくさんの人がね、共感してくれたりって…。そういうことがありましたね。それに対して喜びもあったけれどやっぱり、とまどいもあったし…。


―― ライヴ会場が大きくなってくるに連れて、お客さんの反応や、それに関わってくる人というのもだいぶ変わってきますよね。予想外のことが増えているのではないでしょうか?

イトウフミオ:
やっぱり、多少とまどいはありますよね。「キャーフミオー」とか言われちゃうと(笑)。なんかねぇ、それだったらもっと若くてピチピチした、もっとハンサムな人に言った方がいいんじゃないとか思うし(笑)。なんて言えばいいんだかわかんないですよ。「キャーフミオー」って言われて、「ああ、どうもコンニチハ」って、あんまり言えないかなぁって…。なんて言おうかなぁ、って、けっこう戸惑うんですよ。「こんにちはー」って言われたら「こんにちは」って言えるんですけどね。でも何にも言わないと「なんだよーシカトして!」とか言われそうじゃないですか。だから、なんか言わないといけないかなぁ、と思って。
 でも真面目な話、客層はね、幸いあんまり変わってないですけどね。やっぱり、光あるところにいろんなものが集まってきますから。ある種ね。



―― 今自分達は“発光している”感じはしますか?

イトウフミオ:
そうですね…。あまりそういう感じはしないんですけど、光っているのかな…。そう思うようなときはあります。


―― 話は変わりますが、前作に比べて、今回は歌詞に重みが増したと言うか、考えさせられるものがあるような気がするのですが? 今までどおり元気で楽しい、というのがありつつも、歌詞をじっくり考えてみると「深いなぁ」と思わせる内容が増えてきていますけど、それは何かあるんですか?

イトウフミオ:
とくにキッカケはないんですけどね…。いろんな状況を見て忘れたくないなぁ、という気持ち、例えば、さっきも言いましたけど「これでいいのかなぁ」と、思い直す気持ちというのか、問題意識というか。何気ない習慣でやっていることでも、本当に時としてやっぱりこれでいいのかなぁと思う気持ち。っていう感じです、わかりにくいですかね(笑)。でも、それは、作品を聴いていただいて、感じてもらえればいいと思うので。聴いていただければわかると思います。


―― このCD発表とともに、かなりハイペースなスケジュールで全国をまわりますが、ツアーの意気込みがあったら教えてください。

イトウフミオ:
そうですね。やっぱり、いろんな活動をしていけるのも、ここまでやってこれたのも、やっぱりライヴで楽しそうに汗かいて踊ってくれるお客さんの顔とか見ると、すごい元気づけられて、力をもらうんですね。それがなかったら、やっぱり、やってこれなかったかなぁ、ということもすごくあるので。また、そういう場になるように、心と体やっぱり両方を、鍛えて、治して望みたいと思います。120%の力を出せるように。


―― 120%の力を出す方法とは?

イトウフミオ:
楽にやることですかね(笑)。楽しく、あまり無理しないで


―― やっぱり楽しいことが一番ですかね。

イトウフミオ:
そうですね。本当にそう思いますけど。


―― わかりました。では最後にロンチ・ジャパンを見ている人にメッセージを。

イトウフミオ:
どうも初めまして。興味があったら、『千嘉千涙』をよろしくお願いします。それでは!



前作を発売してから2年、すべてにおいて試行錯誤の連続だったというイトウフミオ氏。しかし、アルバム制作が終わり全国ツアーを控えた今、すべてを達観したかのように、涼やかにやさしく話す彼の姿を見ていると、きっとなにか大きな壁を乗り越えて、自分の目指す道をはっきり見据えたのであろう、人としてのスケールの大きさとすがすがしさを感じさせられた。“新生”Kemuriはきっと、今まで以上にパワーアップした姿を見せてくれると確信している。

取材・文●石澤理香子




● Kemuriのイトウフミオ氏のサイン入りTシャツを1名様にプレゼント!!

    
詳しくはこちらへ。(応募〆切は2000年9月30日まで)


● Kemuri TOUR 2000-2001
日程会場発売日お問い合わせ
2000
9/26(火)福岡:LOGOS9/ 2【問】ケストレル 092-752-2200
9/27(水)大阪:BAYSIDE JENNY8/26【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
9/28(木)名古屋:DIAMOND HALL発売中【問】ジェイルハウス 052-936-6041
10/ 1(日)東京:ON AIR EAST9/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
10/ 4(水)水戸:LIGHT HOUSE9/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
10/ 5(木)郡山:HIPSHOT発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/ 6(金)仙台:JUNK BOX発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/ 7(土)盛岡:タウンホール発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/ 9(祝)帯広:メガストーン発売中【問】フェスティバル 011-251-8870
10/10(火)北見:オニオンスタジオ発売中【問】フェスティバル 011-251-8870
10/12(木)旭川:ハイジャック オン発売中【問】フェスティバル 011-251-8870
10/13(金)札幌:ペニーレーン24発売中【問】フェスティバル 011-251-8870
10/15(日)弘前:MAGNET発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/16(月)秋田:サウンドサプライ発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/18(水)山形:SESSION発売中【問】キョードー東北 022-296-8888
10/19(木)宇都宮:ハードロックハウス9/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
11/ 4(土)静岡:SUNASH発売中【問】ジェイルハウス 052-936-6041
11/ 5(日)豊橋:LAHAINA発売中【問】ジェイルハウス 052-936-6041
11/ 6(月)四日市:ケオス発売中【問】ジェイルハウス 052-936-6041
11/ 7(火)岐阜:モダンカフェ発売中【問】ジェイルハウス 052-936-6041
11/ 9(木)神戸:チキンジョージ10/ 7【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
11/10(金)奈良:NEVER LAND10/ 7【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
11/11(土)京都:磔磔10/ 7【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
11/13(月)福井:チョップ発売中【問】FOB金沢 076-232-2424
11/14(火)金沢:AZホール発売中【問】FOB金沢 076-232-2424
11/16(木)長野:JUNK BOX発売中【問】FOB長野 026-227-5599
11/17(金)熊谷:VOGUE9/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
11/24(金)横浜:CLUB249/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
11/26(日)千葉:LOOK9/ 9【問】H.I.P. 03-3475-9999
12/ 3(日)米子:ファンフェルナンデス9/ 9【問】夢番地岡山 086-231-3531
12/ 4(月)岡山:ペパーランド9/ 9【問】夢番地岡山 086-231-3531
12/ 5(火)広島:並木ジャンクション9/ 9【問】夢番地広島 082-249-3571
12/ 7(木)佐賀:GEILS10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
12/ 8(金)熊本:DJANGO10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
12/ 9(土)鹿児島:CAPARVO HALL10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
12/12(火)沖縄:ダンスクラブ松下9/17【問】PMエージェンシー
   098-898-1331
12/15(金)宮崎:ゼットン10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
12/16(土)大分:DRUM TOPS10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
12/18(月)松山:SALON KITTY9/ 9【問】夢番地広島 082-249-3571
12/19(火)高知:CARABAN SARY9/ 9【問】夢番地岡山 086-231-3531
12/20(水)徳島:ジッタ-バグ9/ 9【問】夢番地岡山 086-231-3531
12/22(金)大阪:BIG CAT10/ 7【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
12/23(祝)名古屋:E,L,L11/18【問】ジェイルハウス 052-936-6041
2001
1/ 9(火)新潟:PHASE10/22【問】FOB新潟 025-229-5000
1/10(水)富山:いきいき館ホール10/22【問】FOB金沢 076-232-2424
【問】ビックワンプロ 076-492-4400
1/12(金)大阪:マザーホール11/18【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
1/13(土)大阪:マザーホール11/18【問】H.I.P.大阪 06-6362-7301
1/15(祝)福岡:ZEPP10/ 7【問】ケストレル 092-752-2200
1/16(火)岡山:オルガホール10/21【問】夢番地岡山 086-231-3531
1/18(木)名古屋:DIAMOND HALL11/18【問】ジェイルハウス 052-936-6041
1/19(金)名古屋:DIAMOND HALL11/18【問】ジェイルハウス 052-936-6041
1/22(月)東京:赤坂BLITZ10/28【問】H.I.P. 03-3475-9999
1/23(火)東京:赤坂BLITZ10/28【問】H.I.P. 03-3475-9999
1/25(木)仙台:ZEPP11/25【問】キョードー東北 022-296-8888

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス