Jim Morrisonの墓地の移動はなしと公式発表

twitterツイート
“リザードキング”として知られるDoorsの故Jim Morrisonはどこへも行かないので人々は安心するように、とフランスにある墓地当局が発表した。Morrisonの遺体はパリの有名なPere Lachaise墓地に埋葬されているが、埋葬区画の貸借期限が来年6月に切れるため、遺体が掘り起こされ移動されるのではないかと心配されていた。墓地当局は、Morrionの区画の貸借は永代使用権とされており、墓は永遠にそこに残ることができると発表した。

この墓地に集まってくるDoorsファンには嬉しいニュースだ。Doorsのキーボーディスト、Ray Manzarekによれば、この墓地はエッフェル塔、名画『モナリザ』(ルーブル美術館)、ポンピドゥーセンターに続き、パリの人気観光名所第4位になっているという。Morrisonの墓碑周辺は、ファンによる落書きや破損などがあまりにひどいため、墓参者を監視するガードマンがつけられたが、一方で、周辺に埋葬されている人々の遺族がMorrisonの墓をこの墓地から動かすよう署名運動を起こしていた。

記:Gary Graff、デトロイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス