【インタヴュー第一弾】『4Flusher』で開眼した新たなサウンド・アプローチ

twitterツイート
Welcome to Adobe GoLive 4

スガシカオの4thアルバム『4Flusher』は、
彼が初めて“バンド形態”をレコーディングに採用したことで注目される作品である。
スガはアマチュア時代に大所帯のファンクバンドなどをやっており、
そこでの楽しさを満喫学習した彼が
なぜプロになって“プログラミング形式”ばかりを採用してきたかといえば、
ひとえに彼の“言葉とリズム”をしっかりと確立させたかったからだ。
その意味で“技術系”だったスガは、
『4Flusher』で“職人系”になったと言えるだろう。

ゴタゴタ理屈並べてる状態じゃなかったんですよね。
何か可能性があるものだったらとにかくやるっていう。

スガシカオ本人からロンチメンバーへコメントが届いています

──レコーディングにバンドを持ち込むのを避けていたのは、自分のイメージ通りの音を作るのが非常に難しいからですか?

スガ:

そうですね。あと、人間がやるもんだから、やっぱり曖昧になるし。そういうのがやっぱり…あんまり好きじゃ…好きじゃなかったっていうか、まとめきれる自信がなかったんですよね。だから、こまかくやってったら、それこそ一小節ずつ録っていくみたいな話になるじゃないですか。それも違うし。バンドでやることのオイシさみたいなのが実は分かってなかったんですよね、今まで。だからやらなかったんですね。


──で、今回やろうと思ったのは、今までかなり自分自身で構築してきた楽曲にひとつの限界を感じたからですか?

スガ:

限界ってわけじゃないけど、良くも悪くも僕は『Sweet』で「甘い果実」を作ったことで"あぁなるほど、これはここでひとつ…到着しちゃったんだな"って思ってたんですよね。で、さらにそこから先に行くには、もう、まんまの機材、まんまのスタッフで僕のアレンジっていうお決まりの、3枚のアルバムのことをまんまやったんじゃたぶんもう先には行けないだろうなっていう感じがすごいしてたんで。"やってないことは何だろう?"っていうとこから始めたんですよね。

──でも、"やってないことは何か?"→"それはバンドである"っていうその図式は分かるんですけど、一応スガさんとしては、バンドでやる魅力っていうのをデビューしてからあまり見出してこなかったわけじゃないですか。

スガ:

そんなねぇ、ゴタゴタ理屈並べてる状態じゃなかったんですよね。"いつかバンドもやらなきゃな""だったら今やれよ!"っていう話なんですよ。その、やってないことがあって、"いつかバンドもやんなきゃなぁ、そこに何か隠れてんのかもしんないなぁ"なんていうんじゃないんですよね。


──ものすごく踏ん切りが素早いというか。

スガ:

そうですねぇ。だってもぉ、同じとこでやってても何もないんですから、何か可能性があるものだったらとにかくやるっていう。で、ちょうどバンドが全国ツアーを廻って、もう2年目になって、お互いコンセンサスもよくとれてたんで。そのまま真空パック出来ればいいとこ行くかなと。で、一番最初に「AFFAIR」とかをやったんですよ。「AFFAIR」と「SPIRIT」と「青白い男」を録ったんですよ。その3曲を録って、まぁ「SPIRIT」は後々全部差し替えちゃったりしたんだけど。それはなんか、曲的に、やっぱりデジタルの方が合う曲なんですよね。それはもう容赦なく差し替えちゃったんですけど。「AFFAIR」を録ったときにやっぱりねぇ…"あぁそういうことだったんだ"って、すっごい分かって。

──まざまざと。

スガ:

まざまざと見せつけられた感じがして。"そうかぁ!"みたいなね。いろんなものが頭の中で結ばれていくというか。

──その最たるものは何だったんですか?

スガ:

曲の中には、曖昧なものの上に成立する曲みたいなのがあるんですよね、きっとね。

──あるでしょうね。

スガ:

だからその…。

──曖昧を良しとする曲というか。

スガ:

そうそうそう。だから、"CDで聴くよりライヴの方がいいですね"なんていう曲はまさに本当はそういう曲だったんですよ。それを「AFFAIR」でやってみて初めて分かったんですよねぇ(しみじみ)。

『4Flusher』に収められた楽曲群がこれまでのスガ楽曲と違うところを述べよと問われたら、間違いなく“まろやかさ”だろう。スガが言った“バンドの曖昧さ”は、見方を変えれば“行間を多く含んだ”まろやかさにもなるのだ。

【SHIKAO & THE FAMILY SUGAR Tour '00 STAGE 1】

12/6(水)札幌ファクトリーホール
【問】WESS 011-614-9999

12/9(土)新潟フェイズ
【問】FOB新潟 025-229-5000

12/15(金)名古屋ダイアモンドホール
【問】ジェイルハウス 052-936-6041

12/20(水)赤坂BLITZ
【問】フリップサイド 03-3470-9999

12/23(土)博多ドラムロゴス
【問】キョードー西日本 092-714-0159

12/26(火)神戸チキンジョージ
【問】グリーンズ 06-6882-1224

12/27(水)大阪IMPホール
【問】グリーンズ 06-6882-1224

【SHIKAO & THE FAMILY SUGAR Tour '01 STAGE 1】

1/8(月・祝)広島厚生年金会館
【問】夢番地 082-249-3571

1/12(金)大阪フェスティバルホール
【問】グリーンズ 06-6882-1224

1/14(日)石川厚生年金会館
【問】FOB金沢 076-232-2424

1/17(水)NHKホール
【問】フリップサイド 03-3470-9999

1/21(日)高松市民会館
【問】デューク高松 087-822-2520

1/23(火)高知県民文化ホール
【問】デューク高知 088-822-4488

1/26(金)仙台サンプラザホール
【問】ノースロードミュージック 022-256-1000

1/28(日)北海道厚生年金会館
【問】WESS 011-614-9999

1/31(水)長崎市公会堂
【問】キョードー西日本 092-714-0159

2/2(金)熊本市民会館
【問】キョードー西日本 092-714-0159

2/3(土)福岡サンパレス
【問】キョードー西日本 092-714-0159

2/5(月)名古屋国際会議場センチュリーホール
【問】ジェイルハウス 052-936-6041


【インタヴュー第二弾】崇高な美意識の産物。スガ シカオの音楽観 はこちら

【インタヴュー第三弾】インターネットについて考える はこちら

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス