ディーヴォのMark Mothersbaughがアニメ映画『Rugrats In Paris』のテーマ曲に貢献

twitterツイート
アニメ映画『Rugrats In Paris』の製作者たちは、このワンパク小僧たちの映画化第2弾で音響効果の再調整が必要となった。声優たちがキャラクターの声を吹き込んでいる間、Devoの結成メンバー、Mark Mothersbaughはアニメのテーマ曲を映画用に作り直していた。Rugratsのサウンドをどんなふうに広げたかをMothersbaughが話してくれた。「Rugratsに使用されているサウンドには、ある一定の雰囲気があるんだ。テーマ曲とかは特に印象的だろ。でも映画版ではもっと派手にしなければならなかった。もとはNickelodeonテレビの低予算のシリーズだったのが映画になったわけで、突然、小さなテレビのスクリーンから巨大なスクリーンに飛び出しちゃたんだ。サウンドのほうもそれにあわせて大きくしなきゃならない。だから90人編成のオーケストラにしたんだ」

熟練したアーティストであり、実験的ミュージシャンのMotherbaughは、ユニークな音源の山を掘り起こして、アニメのイメージを崩すことなく『Rugrats In Paris』のサウンドを仕上げた。
「映画には10年も前に作ったサンプル音がたくさん使われてるよ。(キャラクターの)PhilやLil、TommyやChuckleにぴったりのときは今でも使うんだ。いかにもRugrats的な場面で聞こえるヘンテコな電子音や効果音は、10年前に僕らがただ“'Bah, bur, egh”って言った声とかからできてるんだ」

Sofia Fernandez、ロサンゼルス
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報