Ol' Dirty Bastardが刑務所で送還決定を待つ一方、ウータン・クランは大ヒット

ツイート
Wu-Tang Clanのメンバー、Ol' Dirty Bastardがフィラデルフィアの刑務所で、身柄の送還を決める12月7日の裁判を待っている一方、Wu-Tang Clanの仲間たちは、新アルバム『The W』の発売第1週めの好セールスを祝っている。アルバムはこの1週間で30万枚以上を売り上げ、Billboard 200アルバムチャートに5位で初登場する。Bastardは、以前にレコーディングしていたSnoop Doggとのデュエット“Conditioner”で『The W』に参加している。

Bastardには、裁判所命令だった薬物治療プログラムの不履行と出廷予定を無視したかどで、ロサンゼルス上級司法裁判所のMarsha Revel裁判官によって、彼の逮捕に向けた“保釈不可”の条件の付いた拘引状が発せられていた。11月28日(火)には、拘引状の条件どおり保釈申請を却下されている。現在、カリフォルニア州の判決である治療プログラムの終了を待っていたニューヨーク当局が、クラック(コカイン)所持の裁判のためにBastardの引渡しを求めている。

11月21日、逃亡中だったBastardは新アルバムの発売をWu-Tang Clanの仲間たちと祝うチャンスを得た。ニューヨークのHammerstein Ballroomでのライヴに突然Bastardが現れ、2曲を披露すると再び去っていった。Bastardはその後、11月27日(月)にフィラデルフィアのマクドナルドでおとなしく逮捕された。

他の関連ニュースでは、11月25日(土)、Wu-Tang Clanの仲間のAmerican Cream TeamのBankie(Bruce Mayfield)が、ニューヨークのハーレムで射殺された。American Cream TeamはClanのRaekwonが作った派生グループ。犯人としてAlfred Dancyが逮捕された。原因は金銭をめぐるトラブルとみられている。Bankieは、Funkmaster Flexの『The Mix Tape, Volume 3:60 Minutes Of Funk, The Final Chapter』収録の“Wu-Tang Clan Cream Team Line Up”に参加していた。

Yves Salomon、ニューヨーク
この記事をツイート

この記事の関連情報