レニー・クラヴィッツ、マイアミで銀行強盗に間違えられる

ツイート
New York Daily Newsが伝えたところによると、11月24日(金)、Lenny Kravitzが地元の銀行を襲撃した強盗に間違えられて、マイアミビーチ警察に拘留された。

同紙によると、Kravitzは近所のジムを出たあと手錠をかけられ、彼のフィットネストレーナーは当局に出口のところでとめられたという。Kravitzはそのときの模様をこう語っている。
「トレーナーが警官に俺のことを説明しようとしたけど、取りあってくれなかった。俺はジャージを着ていて、身分証明書も持っていなかったし」
「警察はアフロでひげを生やした黒人を捜していたんだ。俺は2、3日ひげを剃ってなかったんで、絶対にこいつだと思ったんだろう」

Kravitzは次のように続けている。
「奴らは暴力的に取り押さえるようなことはしなかったけど、あんなふうに手錠をはめられて、すごくヘンな感じだった。手錠をかけられるまで何が起こっているのか分からなかった。その時は、すごく不安で動揺したよ」

Kravitzは、襲撃されたBank Of Americaの行員から犯人ではないという確認がとれたため釈放された。彼は同紙で次のように述べている。「黒人であること……。この肌の色のおかげで、いろいろなことに遭遇してきたけど、こんなのは初めてだ」

Neal Weiss、ロサンゼルス
この記事をツイート

この記事の関連情報