スティーヴィー・ニックス、5月にソロアルバムをリリース

ツイート
Fleetwood Macの女性ヴォーカリスト、Stevie Nicksがこの春、久々にソロアルバムをリリースする。5月1日発売の『Trouble In Shangri-La』は、Reprise Recordsのデビューアルバムと'94年の『Street Angel』以来となる全新曲による13曲を収録。また、『Trouble In Shangri-La』には長年の仲間とNicks崇拝者との共作が豊富に含まれている。

元ボーイフレンドでFleetwood MacのパートナーでもあるLindsey Buckinghamが1曲に参加、他はSheryl Crowが共同プロデュースと演奏で参加している。Dixie ChicksのNatalie Mainesは“Too Far From Texas”でデュエット、先日グラミーを受賞したポップR&Bシンガー、Macy Grayは“Bombay Sapphire”に参加、Lilith Fairの発起人、Sarah McLachlanはアルバムの最後の曲“Love Is”でピアノ、アコースティックギター、バックボーカルを務めている。また、Tom Petty's HeartbreakersのBenmont TenchとMike Campbellの顔ぶれもあり、長年のNicksのギタリストWaddy Wachtel、元John MellencampのバイオリニストLisa Germano、NicksのバックアップシンガーSharon CelaniとLori Nicksらも参加している。

アルバムに先駆けてシングル“Planets Of The Universe”が発売される予定。Nicksは今年の夏にリリースをサポートしたツアーを計画している。

『Trouble In Shangri-La』収録曲は以下の通り。

「Trouble In Shangri-La」
「Candlebright」
「Sorcerer」
「Planets Of The Universe」
「Everyday」
「Too Far From Texas」
「That Made Me Stronger」
「It's Only Love」
「Love Changes」
「I Miss You」
「Bombay Sapphire」
「Fall From Grace」
「Love Is」

Gary Graff、デトロイト
この記事をツイート

この記事の関連情報