タイリースが新作映画『Baby Boy』主演のプレッシャーを語る

twitterツイート
シンガーソングライター/VJ/モデル/俳優のTyreseが、John Shingleton監督のオスカー受賞作『Boyz'N The Hood/ボーイズ’ン・ザ・フッド』の続編映画『Baby Boy』で銀幕デビューを果たす。

Tyreseは、シンガーにとって演技の世界で認めてもらうのは難しいことだとLAUNCHに語った。
「映画『Baby Boy』をやるのは、すごくプレッシャーがあった。まずひとつには、俺はシンガーであり、周りの人間もそういうふうに俺を思ってるっていうこと。シンガー兼モデルってね。そんなことを含めて、映画の世界に足を踏み入れたときに人が思うイメージっていうのがあるよね。“ああ、またか。シンガー/モデルが演技に挑戦だってよ”っていうね。だって、主演を演じるっていうのは、人の仕事を取ってるわけでもあるんだよ。映画で役を演じるっていうことは、1年中毎日、演技だけを専門にしている人たちに与えられたはずの役を取ってるんだ」

そんな気持の中で主演を演じるにあたって、必要としていた共演者たちのサポートを得ることができた。
「だから、最後までやり遂げられないんじゃないだろうか、無事終えるためには周りの人たち全員の経験に助けてもらわなきゃっていう気分で始めたんだ。Ving RhamesにA.J. Johnson、Taraji HensonにTamara Bass、Omar GoodingにSnoop Dogg、全員にね。みんなに山ほど質問しまくって、スポンジのように吸収してったよ」

Tyreseの2ndアルバム『2000 Watts』は、5月22日(火)米国発売予定。

Billy Johnson Jr.、ロサンゼルス
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報