ウィーザー、Green Albumに続くトラックを制作

ツイート
Weezerはラジオフェスティヴァルに出演した後、ワシントンDC地区にあるスタジオに入り、新たに12トラックのデモを制作した。これらの曲の多くは現在行なわれているツアーのサウンドチェックで書かれたもの。

Weezerのサイトには次のように記されている。
「午後2時から夜中頃までセッションが続いた。みんなものすごいハイペースで作業したんだ。けど、急いだわけじゃなくて……曲はヴォーカル以外“ライヴ”で録った」

Weezerのフロントマン、Rivers Cuomoは先日、セルフタイトルの3rdアルバムを制作したセッションで、余った曲がアルバム1枚分あると語っていた(5月18日付ニュース参照)。

バンドのサイトによると、次期アルバムに収められる曲の仮タイトルは以下の通り:

「Burnt Jamb」
「Listen Up」
「American Jigolo」
「Height Up Above」
「Keep Fishin'」
「Not In Love」
「December」
「Take Control」
「Saturday Night」
「Puerto Vayarta」

“I Can't Tell You”と“Happy Grunge”の2曲は具体化しておらず、バンドは録り直しを考えている。

Darren Davis, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報