イギー・ポップ、“MTVの『Jackass』に影響を与えたのは俺だ”

twitterツイート
Iggy Popは'60年代末にミシガン州アンアーバーでStoogesを始めると、すぐにロックンロールのマッドマンとして今までにない地位を獲得した。彼はピーナッツバターを体中に塗り、ステージに散りばめたガラスの破片の上を転がった。先週、新作『Beat 'Em Up』をリリースしたPopは、彼のキャリアの1ページを真似たMTVの『Jackass』のような番組をどう思っているのだろうか? Popは、べつに何とも思わない、とLAUNCHに応えている。

「この前ガールフレンドがMTVを見てたんだけど、その時はJohnny Jackassがクラゲを頭の上にのせてたよ」「おもしろいよな? そう思わないか? ギグが終わって写真を一緒に撮ってくれって頼まれたんだけど、彼の行動は聞いてたんで、こう思ったんだ。“あぁ、俺も同じようなことやってるよ。その点では先輩だな”って」

Popは8月中旬にヨーロッパツアーを開始し、秋には北米ツアーを行なう予定。

Gary Graff, Detroit LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報