ベイビーフェイスがクリントン前大統領と共にエイズのためのキャンペーンを開始

ツイート
国際エイズ評議会(IAT)の顧問を務めるClinton前大統領はミュージシャンのKenneth "Babyface" Edmondsと協力し、エイズの蔓延と闘うキャンペーンを開始した。2人は7月31日(火)、ニューヨークで開かれた記者会見で、特にアフリカを中心に地球規模でエイズと闘っていくための新たな資金調達と教育プログラムを発表した。Clintonは次のように聴衆に語った。

「この戦いに勝つには、全米と全世界の人々の知と心を勝ち得る必要があります。Babyface以上にそれができる人は他にいないのです。アフリカの仲間たちをはじめ、老若、白人、黒人、アメリカ市民、世界中の人々に至るまで、Babyfaceが我々すべてを動かすのです」

Edmondsは現地調査の一環として、エイズの蔓延が最も深刻なアフリカ地域を訪問する予定だ。さらに、Edmondsは資金を調達するためのコンサートを1度目は南アフリカで、2度目はニューヨークで、計2回にわたって開く。彼はまた、資金集めのためのCDもプロデュースし、Arista Recordsから発売を予定している。Edmondsはこのキャンペーンの参加を依頼されてすごく光栄に思っていると言う。

「ぞっとするような統計の裏では、実際に子供たちや家族がひどく困難な状況に置かれている。Clinton前大統領と(IAT代表の)Sandra Thurmanからエイズと闘うための支援を頼まれて光栄に思っている。国際エイズ評議会の活動によって状況は大きく改善するだろう。今すぐにでも救助が必要な多くの人々の生活を変えるために、他の人にもこの戦いを手助けしてくるよう働きかけていこうと思う」

Thurmanはこの運動にEdmondsが当然のごとく選出された理由を次のようにLAUNCHに語ってくれた。

「Babyfaceには傑出した才能があります。彼はソングライター、パフォーマー、プロデューサーとして偉大な才能を持っています。彼とClinton大統領は何年も前から個人的に友達なのです」「Bill Clintonが大統領だったときにBabyfaceはホワイトハウスで演奏しました。Clinton大統領と私はHIVの危険性に関して、Babyfaceは米国と世界の若者に働きかける最大の力を持っていると思ったのです。いっしょに運動をしていくには最適な人です」

関連ニュースでは、NeptunesのプロデュースによるBabyfaceの曲“There She Goes”が現在Billboard Hot 100 Singlesチャートで70位となっている。この曲はBabyfaceの次作『Face 2 Face』からの1stシングル。アルバムは9月11日に発売予定。

Yves Salomon, New York
この記事をツイート

この記事の関連情報