ゴリラズが秋に米国ツアーの可能性

twitterツイート
Gorillazのデビューアルバム『Gorillaz』は米国内で予想以上の成功を収め、現在はBillboard 200アルバム・チャートで24位となっている。この成功を受け、名前を公表していない大物アーティストが米国ツアーを一緒に回るオファーをGorillazに出しているという。しかし、バンドのほうとしては、予算とスケジュールの都合が合うようであれば、9月に自分たちのツアーをしたいと考えている。

ヴァーチャル・バンド、Gorillazのメンバーは、Murdoc(B、リーダー)、2D(ルックス良しのVo)、Russel(Dr、ハードなヒップホップ野郎)、Noodle(ワイルドな女性G)で、4人は本物のバンドが裏に隠れている50フィート(約15メートル)のスクリーンの中で“演奏”してくれる。

Gorillazの陰のミュージシャンたちをまとめているBlurのヴォーカル/ソングライターのDamon Albarnは、Gorillazをライヴでやるというチャレンジは画期的であり、技術的なチャレンジだとLAUNCHに語っている。

「僕達は、あらゆることのまったく新しい時代の始まりに位置してるんだと思う。ライヴに関していえば、80年前の無声映画の状況とかいう段階だね」

Gorillazは8月にロンドンでのライヴと日本の“Summer Sonic”フェスティヴァル出演が予定されている。また、9月下旬には英国での4公演(24日エジンバラ、9月25日バーミンガム、26日マンチェスター、28日ロンドン)が決まっている。

Darren Davis, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報