イギー・ポップが英国の航空会社のコマーシャルに出演

ツイート
Iggy Popが宣伝マンに? 元Stoogesのリーダーで30年近くファン・サイドで活躍したいと思っていた男が、英国のVirgin Atlantic航空のコマーシャルに出演することになった。宣伝にはコメディアンのStephen Fryと英国のVictoria Hervey嬢もフィーチャーされ、またステレオタイプな有名人パーソナリティが登場し、同航空会社を利用することのプラス面を大きくアピールしている。たとえば、Popは機内のバーで酒を飲んでいる人物として描かれている。同コマーシャルは9月から英国で放送開始。

このコマーシャルは反逆ロッカーのPopとしてはちょっとキャラクターが違うようだが、彼は最近、イメージにはあまりこだわってないとLAUNCHに語っている。

「ミュージック・シーンと産業を切り離すことはすごく難しくなってきている。分かるか?」「最初の頃は、産業というのは何か裏に隠れたものだったんだ。ミュージック・シーンという、はっきりしたものがあって、見えるものといえば、驚くようなド派手なロックミュージシャンで、変な衣装を着て、ワイルドな音楽を作り出している奴。または、そういった不細工なイミテーションの数々……。でも、そのシーンの裏側にあるものはあまり見たことがないだろう」

Gary Graff, Detroit LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報