リュダクリス、アリーヤの死を嘆く。パイロットは未許可だった

ツイート
8月25日(土)にAaliyahが亡くなった飛行機墜落事故で、パイロットのLuis Morales IIIを含むその他8名も死亡したが、そのパイロットが当日の飛行において正式な許可を得ていなかったと報じられている。Federal Aviation Administration(FAA/連邦航空局)の広報官、Kathleen BergenがABCニュースに語った内容によれば、事故機のCessna 402を所有していたBlackhawk International Airwaysには、過去4年間に4回の出頭命令が出されており、そのうちの1件は安全基準違反によるものだった。また、当該機はチャーター便として1名の登録パイロットによる飛行のみを許可する“エアタクシー認定”を受けていたが、登録されていたパイロットはMoralesではなかったという。

さらに、Miami Herald紙が報じているところによれば、Moralesは事故のわずか12日前にはコカイン所持を含む計4件の容疑で罪状認否のため出廷しており、そこでノーコンテスト(不抗争答弁で事実上、罪を暗に認める形になる)と答弁していたという。FAAの規則によれば、Moralesは60日以内にこの答弁の内容を航空局に届け出ることになっており、結果として彼の免許は取り消しになる可能性があった。

この悲劇的な事故に関する調査が進む一方、レコード業界の大スターたちが次々と公に追悼の意を表明している。LAUNCHではラッパーのLudacrisにAaliyahの予期せぬ死についての思いを聞いた。

「ああ、俺はそれ(ニュース)を聞いて――今もどんどん耳に入ってくるけど――いまだに彼女がいなくなったなんて実感として信じられない人間のひとりだよ。彼女とは亡くなる1週間ぐらい前に会ったばかりだったし、すごくショックを受けてる。彼女は本当にいい人だったのに。一体誰がこんな目に遭うべきなんだろう? こんな目に遭うべき人間なんかいやしない。でも本当に、自分の人生っていうものについて考えさせられるよ。つまり、1日1日をこれが最後の日になるかもしれないと思って生きなきゃならないってことさ。なぜなら、いつ死んでしまうかなんてまったくわからないんだから」

Aaliyahの最新アルバム『Aaliyah』は、今週のBillboard 200アルバム・チャートで先週の27位より8ランクアップの19位。7月17日の発売以来、すでに50万9000枚以上を売り上げており、次週のSoundScanの集計結果では再び勢いを復活させてチャートアップする可能性が大きい。

Yves Salomon, New York Billy Johnson Jr., Los Angeles LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報