AIBO合唱団が出演するイベント【Starr Lounge】

ツイート
私達がかつて“近未来”と意識してきた21世紀。'70年代にはその未来に向けた強い意志とクリエイティヴィティのもと、常に鮮烈なデザイン・広告などでその消費効果と商品開発が次々と進んでいった。そして21世紀になった今、目覚しい技術革新により、家電製品など身の回りのものは確実にコンパクトかつ便利になった。巨大ロボットを見て「すごいよなー」と思っていた数年前に比べ、現在ではあのエンタテイメント・ロボット“AIBO"の登場によりちょっと手を伸ばせば、ロボットがペットのような存在として身近に感じられる時代なのだ。

ここで紹介するイベント【Starr Lounge】のキーワードは「日本」「万博」「明るい未来」。そして2001年に生まれたAIBO達、ERS311/312(ラッテ/マカロン)と今のエレクトリック・ミュージックが主役。最新のAIBO達は、愛らしい形・動き・表情で注目を浴び、まさに21世紀、人との新たな接点を生み出す産物だ。このAIBO達の原画イラストを手がけた若野桂(もしのかつら)とサウンド・デザインを務めたサウンドクリエイター、竹村延和がAIBO合唱団と共にテルミン機能を使って?!?!(詳細は当日までのお楽しみ☆)ライヴ・パフォーマンスを行なう。ちょっと予想もつかないがなんともワクワクしてしまうライヴだ。また、サウンドを務めるのが今、クラブイベントでのDJ、サウンドクリエイターで最も注目を集めるアーティストのひとりと言ってもいいだろうDJ KENSEIと、電子音楽が盛んな京都のシーンを代表するKAZUMA。また、ヴィジュアルはクラブVJとしてはもちろん、BOREDOMSSUPERCARなどのアートワークに携わる宇川直宏が担当。ドーム型をした旧プラネタリウムが会場として使用されるため、平面のスクリーンとは一味違う、ダイナミックなVJで会場全体を包み込み、異空間へとトリップさせてくれることだろう。

形は違うにせよ、今までのクラブ・ミュージック・シーンを築きあげ、リアルな今の形を提示するアーティスト達が集結。現代のパワフルなクリエイティヴ・エネルギーが生み出したデザインと技術、そして“今の音楽”をぜひ体感しに遊びに行ってほしい。

【Starr Lounge】
日時:2001年10月12日(金)20:00~25:00
場所:E-Field (東急文化会館8F、旧五島プラネタリウム)渋谷区渋谷2-21-12
入場料: ¥3,000

出演:
Live Performance:竹村延和+若野桂+AIBO合唱団(ERS311/312)+Special Guest
Sound:DJ Kensei(Indopepsychics/PROGRESSIVE FOrM)/Kazuma(COMMUNICATE MUTE/still echo)
Visual:宇川直宏

Presented By Wieden+Kennedy Tokyo&Sputnik

協力:サッポロビール株式会社/ダイヤミック株式会社/都築響一/岡本太郎記念館/まんだらけ

Info:Wieden+Kennedy Tokyo(門井/桂)03-5771-2900
Tokyo Designers Block事務局http://www.tokyodesignersblock.com
この記事をツイート

この記事の関連情報