DMBQ…いや888(みつばち)の増子氏、Shelterを破壊!

ツイート
10/15、東京・下北沢のライヴハウスShelterに現われた、ヌピード、ヌルー&ヌンキと、888(みつばち)。実は、このバンド、ゆらゆら帝国DMBQのそれぞれの変名バンドなのだ。

Shelterオープン10周年を記念して、ライヴを行なった2バンド。先にヌピード、ヌルー&ヌンキ(ゆらゆら帝国)が、その後、888(DMBQ)がプレイした。

大盛り上がりのステージと客席に煽られたのか、888のヴォーカル&ギター、増子真二が本編最後で、ステージからダイヴした後、PA部分からライヴハウス天井に張り巡らされた鉄の棒にジャンプし、ぶら下がった! が、増子氏、あまりに思い切り、身体を振りつづけたため、組み合わされていたジョイント部分が外れ、一部が崩壊! かろうじてその鉄に添ってあったケーブルで鉄の棒は落ちずに済んでいた。

増子氏にはケガはなく、そのままプレイし終了、アンコールも実行。一部崩壊してしまった鉄の棒は、Shelterの西村店長により、支えられ続けた。

両バンドとも大盛り上がりの詳しいレポートは、後日アップされるので、お楽しみに!
この記事をツイート

この記事の関連情報