スヌープ・ドッグが“Puff, Puff, Pass”ツアーの最中にマリファナで逮捕される

twitterツイート
10月17日(水)、ラッパーのSnoop Doggがマリファナ所持および麻薬吸引用具所持で逮捕された。オハイオ州アマーストの州間高速道路90号線で、ハイウェイ・パトロールがSnoop Doggのツアー・バス2台をスピード違反で止めたところ、彼の乗っていた1台にマリファナの匂いが充満していた。その後、麻薬犬によりバスの荷物入れからマリファナ200グラムが発見された。Snoop Dogg他2名が、マリファナ所持(最高で罰金100ドルの軽罪)および麻薬吸引用具所持(最高で禁固30日および罰金250ドル)の容疑で逮捕された。

Snoop Doggはその後、釈放されている。AP通信によれば、オハイオ州ハイウェイ・パトロールのGary Lewis警部補は、Snoop Doggは“非常に協力的”だったと話したという。Snoop Doggは自らの“Puff, Puff, Pass”ツアー(“スパスパ、回して”という、いかにも大勢でマリファナを吸ってそうなタイトル)の途中でオハイオ州に来ていた。ツアーにはKurupt、Tha Liks、Tha Eastsidaz、Doggy's Angels、Butch Cassidyなども参加している。ツアー日程はすでに終盤に入っており、2公演を残すのみとなっている。

“Puff, Puff, Pass”ツアーの残りは、10月19日(金)のミネソタ州セントポールのRoy Wilkins Auditoriumと最終日となる10月20日(土)のイリノイ州シカゴのAragon Ballroom。このツアーでは、チケット売上1枚につき2ドルが、9月11日の世界貿易センターへのテロ攻撃の被害者救済のために寄付される。

その他のニュースでは、Tha Row Records(元Death Row Records)が10月23日にSnoop Doggのベスト盤『Snoop Doggy Dogg Death Row's Greatest Hits』をリリースする。Snoop Doggが'98年にMaster PのNo Limit Recordsへ移籍するため同レーベルを辞めてから、これで2枚目のSnoop Doggy Dogg名義リリースである。

Yves Salomon, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報