レディオヘッド、エディ・ヴェダー、ジョニー・マーらがニール・フィンのトリビュートアルバムに参加

ツイート
RadioheadのPhil SelwayとギタリストのEd O'Brien、Pearl Jamのヴォーカル、Eddie Vedder、元SmithsのギタリストJohnny MarrらがNeil Finnのトリビュート・コンサートアルバム『7 Worlds Collide』にゲスト参加している。VedderはFinnと共に“Take A Walk”を歌っている。

Neil FinnはCrowded Houseとニューウェイヴ/ポップバンドSplit Enzの中心メンバーだった。同アルバムの米国およびカナダでのリリース予定はないが、中には早ければ11月12日に発売される国もあるので、輸入盤を求める人は注意したほうがいい。英国でのリリース日は11月26日、オーストラリア/ニュージーランドは11月19日となっている。

『7 Worlds Collide』トラックリスト:

「Anytime」
「Take A Walk」
「The Climber」
「Loose Tongue」
「Down On The Corner」
「Thee Is A Light That Will Never Go Out」
「Paper Doll」
「Turn And Run」
「Angel's Heap」
「Edible Flowers」
「Stuff And Nonsense」
「I See Red」
「She Will Have Her Way」
「Parting Way」
「Weather With You」
「Paradise」
「Don't Dream It's Over」

『7 Worlds Collide』は4月に、ニュージーランドのオークランドにあるSt. James Theaterで1週間にわたって行なわれたFinnのトリビュートコンサートを収録。また、そのDVD/VHSも今年末にリリースされる予定。

Darren Davis, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報