ジャ・ルール、“Always On Time”をめぐる意見の相違を明かす

twitterツイート
Ja Ruleの最新アルバム『Pain Is Love』からの2ndシングル“Always On Time”が、BillboardのHot R&B/Hip-Hopシングル&楽曲チャートで59位を獲得した。跳ねるようなリズムのこの曲のプロデュースはIrv Gottiが担当している。

Ja RuleとIrv Gottiの音楽の好みはたいていの場合は一致するのだが、新アルバムでは2曲だけ意見の合わなかったものがあるという。タイトル曲の“Pain Is Love”と“Always On Time”だ。Ja Rule自身は“Always On Time”のほうが気に入っていたとLAUNCHに話してくれた。

「“Always On Time”でも意見が合わなかった。奴はあのビートが気に入らなかったんだよ。それで俺が言ったんだ。“おい、あの曲はホットだぜ。やらせろよ”って。それが今や2ndシングルになったってわけ。まあ、たまにはそんなこともあるのさ」

Ja Ruleは11月3日にTV番組『Saturday Night Live』に出演する予定。

Billy Johnson Jr., Los Angeles LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報