スヌープ・ドッグがMCAとの契約を公式発表

twitterツイート
ウエストコースト・ラップ界のボス、Snoop DoggとMCA Recordsとの契約が公式に発表された。契約にはSnoop本人のアルバム・リリースだけでなく、彼のDoggy Style Recordsのレーベル契約も含まれている。同レーベルには現在、Kokane、La Toiya Williams、Soopafly、E-Whiteなどが所属。条件の中には、Doggの映像会社、Snoopadelic Filmsから発売されるDoggy Style所属アーティストのビデオ商品も含まれている。

Snoopがコメントを発表した。
「このパートナーシップは、優れたクリエイティヴの才能とビジネスの能力を結びつけることになる。Doggy Styleはアーバン・ミュージックを変える。俺の知る最高のアーティストたちをMCAに放つ用意ができている。Doggy Styleがお前らの頭をブッ飛ばすぜ」

MCA Recordsの代表、Jay Bobergはこうコメントしている。
「Snoopはただの大物ヒップホップ・アーティストではない。俳優としての活躍や、ハードなツアー活動、才能ある新人の発掘などで、誰もが知る著名人だ。彼自身、そしてDoggy Styleファミリーとパートナー関係を結ぶことのできた我々はたいへん幸運であり、また非常に期待している」

Snoopは現在、“Puff, Puff, Pass”ツアーの最中で、11月1日のストックホルムから3週間のヨーロッパツアーを開始する。このツアーにはKurupt、Tha Liks、Tha Eastdisaz、Doggy's Angels、Butch Cassidyが参加している。

Neal Weiss, Los Angeles LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報