Canのギタリストが53歳で死去

ツイート
ジャーマンロックバンドCanのギタリスト、Michael Karoliが11月17日(土)に母国のドイツで亡くなった。死因は不明。享年53歳。

バンド仲間でベーシストのHolger Czukayのサイト(czukay.com)によると、Karoliは「ギターを弾いているときに突然」死亡したという。

CanのメンバーにはCzukay(もともとKaroliの先生だった)、キーボーディストのIrmin Schmidt、ドラマーのJaki Liebezeitらがいる。バンドはヴォーカリストのMalcolm Mooneyで名声を得たが、後年ではまた、Damo Suzukiもヴォーカルにフィーチャーされている。

彼らの『Monster Movie』はTalking HeadsSonic YouthBrian Enoなどのバンド、アーティストに扉を開いた。

Darren Davis, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報