ナイン・インチ・ネイルズのTrent Reznor、テロ事件の影響下でクリスマス・ホリディの意味を考える

twitterツイート
Nine Inch Nails(NIN)は'01年1月22日にライヴCD/DVD『And All That Could Have Been』をリリースする。LAUNCHではNINの頭脳、Trent Reznorにインタヴューし、9月11日の同時多発テロが、家族や友人で祝うクリスマス・ホリディをより意味深いものにしたと思うか尋ねた。

「あのような残虐行為から何か良いことが得られたとすれば、おそらく、みんな気付いてるとは思うけど……めったに連絡しない人たちから連絡が来たってことだね。家族も定期的に電話してくるようになったし、俺も電話する。1年に1回くらいしか話をしなかったような友達や、たまに偶然会うだけだった友達もね。思いやりの気持ち、みんなで一致団結しようという気持ちが現れてきた。普段、いつのまにか捕らわれてしまっている多くの事柄が、取るに足らないバカげたことだと気付かされたと言えるね……俺ももちろん、たいして意味のないつまらない些細な事柄にこだわってしまう。時には身動きできないようになってみるのもいいもんだ」
「人生や人のはかなさ、人類全体のもろさについて、みんながもっと考えるようになったことに気付いたんだ」

Darren Davis, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報