ビーチ・ボーイズのDennis Wilsonを偲ぶ

twitterツイート
'83年の12月28日、Beach BoysのDennis Wilsonが死去した。Wilsonはカリフォルニア州Marina Del Reyの港で自分のボートのそばで泳いでいるときに溺死した。

Dennis WilsonはBeach Boysのドラムとヴォーカルを担当。バンド仲間には彼の兄でシンガー/ベースプレイヤーのBrian Wilson、またギターとヴォーカルを務めていた故Carl Wilsonらがいる。Dennisは“Catch A Wave”“Surfer's Rule”“Be Still”“Do You Wanna Dance”を含むバンドの数々の曲でリードをとり、“Surfer's Rule““Be Still”他を共作した。

Beach Boysのファンの多くはメンバーが全員、歌のようにすばらしい波乗りをすると信じていたようだが、それとは逆にバンドの中でサーフィンをするのはDennisひとりだった。Brianにサーフィンとサーフカルチャーの曲を書くよう説得したのは彼で、それがバンドのトレードマークとなった。

Dennis Wilsonは彼の大部分の音楽キャリアをBeach Boysと共に過ごしたが、'69年にDennis Wilson & Rumboの名義でシングル“Sound Of Free”をリリースしている。“Rumbo”とはCaptain & TennilleのDaryl Dragonのこと。それから数年後、DennisはCaptain & Tennilleのヒット“Love Will Keep Us Together”を共作した。'77年、彼の唯一のソロアルバムとなる『Pacific Ocean Blue』をリリース。'88年、Dennis WilsonとBeach BoysはRock And Roll Hall Of Fame(ロックの殿堂)入りを果たした。

Dennisが死亡したとき、Ronald Reagan大統領はWilsonの家族に海での埋葬を特別に許可した。通常、海域での埋葬は海軍職員のみに限定されている。

Sue Falco, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報