元フェイス・ノー・モアのMike Pattonが英国のファンに放尿

ツイート
3月10日(日)、元Faith No MoreのフロントマンMike Pattonが、イギリスで行なわれたライヴで観衆と警備員にオシッコをかけたらしい。新バンドTomahawkを結成したPattonは、London Astoriaで満員のオーディエンスを前にプレイしていた。報道によれば、そのとき彼はズボンを下ろして放尿し始め、カメラマンと警備員がびしょ濡れになったという。このギグはTomahawkにとって英国での初ライヴで、ツアー初日の夜だった。

Tomahawkはこのまま海外ツアーを続け、3月13日(水)はアイルランドのベルファストにあるLimelightでコンサートを行なう。現時点では、春または夏に米国ツアーをする予定はない。

TomahawkはPattonと元Jesus Lizardのメンバー、Duane Denisonによって2000年に結成された。バンドは'01年にデビューアルバム『Tomahawk』をリリースしている。

Darren Davis, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報