アリーヤの両親がVirgin Recordsを訴える

ツイート
Aaliyahの両親、Diane HaughtonとMichael Haughtonが5月13日(月)、娘の死を招いた飛行機墜落事故の原因は、関係者の怠慢および無謀さにあるとして、ロサンゼルス上級裁判所に訴訟を起こした。訴えられたのはVirgin Records、Instinct Productions, Inc.、Big Dog House Films、Blackhawk International Airways。

昨年8月、小型双発機Cessna 402Bがバハマを離陸直後に墜落し、乗っていたAaliyahを含む9人が亡くなった。一行は「Rock The Boat」のプロモーション・ビデオ撮影のために同地を訪れていた。発表されている報告の中で、バハマ政府はこの悲劇的な事故の原因としてパイロットの過失・パイロットの経験不足・重量オーバーを挙げている。

墜落事故で亡くなった他の乗客のうち、ヘア・スタイリストのEric Forman(29)とAnthony Dodd(34)の2人の遺族が、2月にロサンゼルス上級裁判所に不法死亡訴訟を起こしている。 被告として挙げられているのは、Virgin Records America、飛行機のオーナー、チャーター機会社、ビデオ監督のHype Williams、Instinct Productions, Inc.、Big Dog House Films、Blackground Records、Skystream, Inc.、Blackhawk International Airways。

Yves Erwin Salomon, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報