更なる自信を得て、“オレ節2002”開幕!

twitterツイート
~


更なる自信を得て、“オレ節2002”開幕!

ダボの基本は変わってないよ…

最新シングル

『D.A.B.O.』

Def Jam Japan 2002年6月26日発売
UICJ-5008 1,260(tax in)

1 D.A.B.O.
2 場外ホーマー
3 D.A.B.O.[Instrumental]
4 場外ホーマー[Instrumental]



ダボからコメントIDが届きました。



「D.A.B.O./場外ホーマー」

ダイジェストPVどうぞ♪

プレゼントもあります。詳しくはこちら
――メジャー・デビュー・アルバム『Platinum Tongue』で高い評価を得て、この一年間で変わったことはありますか?

DABO:
人の目と収入が増えましたね。あとは…、そ~っすね~「忙しい、忙しい、忙しいでしょう~」って言われるんすけど、言われてみればそうなのかもなーって感じですね。でもなんかこう、変わんないかも知んない。でも仕事は慣れたと思うな。

――先日、ジェイZ来日ライヴに参加されていましたが、ダボさんの圧倒的なパフォーマンスが一番印象的でしたね。

DABO:
そーっすね。去年ツアーで大体24ヶ所くらい廻って、それでコツを掴んだのかもしれないっすね。後はアルバム出してからいいかげん時間経ってるじゃないっすか。みんな曲知ってるから、堂々とできたっていうのもあると思うけど。先日のライヴはやっと生でジェイZが歌ってるところ観れたな~よしよし…って、でもあ~帰っちゃうんだ、…なんかそんな感じっすよね。でもダボのライヴはちょーかっこよかったっすよ。

――他のアーティスト(ChemistryZeebra…etc)とのコラボレーションも多かったようですが、何か得たのもはありましたか?

DABO:
う~ん、更なる自信を得ました。…まあ、アーティストというものはですね~、ワガママな奴らばっかりじゃないですか。こう、自尊心のかたまりみたいのばっかりだから。オレは一人で作業を完結してしまうことはまずなくて、トラックを作る人がいるし、やっぱシンガーだったりとかいるから、自分以外の誰かとコラボレートするのは、毎度毎度のことなんですけど。要するに得るものは…、全く考え方も、育った環境も違う自分以外の人間とですね、かっこいいものがちゃんとできたっていうのは、自信になるってことです。

――それで、2002年の第一弾となる今回のシングル「D.A.B.O.」、自身の名前をタイトルにしたのは?

DABO:
あれはまずフックを先に考えたんですよ。それで、あの“D.A.B.O.”が出てきちゃって…。なんですけど、タイトルは未定だったんですよ、ずっと。仮タイトル「D.A.B.O.」でふざけてたんですけど、もう今日決めなくちゃだめーって時に「じゃ、イキで」って。意味は…ないです。いや、この後に控えているシングルとかアルバムが、テーマのある曲とかが多いんだけど、俺が一番やってて楽しいのもの、俺のファンが聴いて一番楽しいものが、とりあえずこういう曲だと思うから。別にダボの基本は変わってないよーというのを見せつけた上で、次のシングルであらビックリ(笑)っていうのを狙っているんです。だから今回は、過剰なくらいヒップホップな感じでPVとかもそうなんですけど。

――カップリングの「場外ホーマー」とか野球ネタの曲が収録されてますが、野球は好きなんですか?

DABO:
特別好きじゃないです。っていうか、全然好きじゃないです。っていうか、興味ないっすね。

――こんな時期(W杯)に野球ネタっていうのは、よほど好きなのかなって…。

DABO:
まんまとハズシましたね。これもフックが先に、また決まってたって話ですね。で、“打っちゃえ ピッチャー ビビってら!”が先に出てきたので、あっ野球でいこうと。だからオレはバッターという感じで。


――今回2曲共トラックは海外のプロデューサー(「D.A.B.O.」ショーン・ドレー/「場外ホーマー」ア・キッド・コールド・ルーツ)が手掛けてますね。

DABO:
はい。会社の金使いまくりですね(笑)。海外の方と仕事するのはですね、そもそもオレのメジャーデビュー曲「拍手喝采」から外国人(P.キング)だから、もうすっかり慣れましたね。日本人でも外国人でも、あんまり口ださせないんですよ、僕。コラボレートしてるとは言いつも、素材が欲しいっていうだけなので。そういうとすっごいクールな男のように感じるでしょうが、それはそっちのほうが作りやすいから、そうしてんで。本当にトラックもらって、トラックをかけながら、スタジオでリリック書いて、録り終わったら、そこで呼んで、聴かせて、Oh~って言って、プロデューサーがこう、「なんか、やろうと思ったけどこのままで全然大丈夫だね~」って、大体みんな言ってくれるんで。まっ、そこからまたもうひとアクション、ラップが乗っかった後にやる人もいたりとかするけど。

――トラック、ダメ出しとかなかったんですか?

DABO:
そうっすね。この人達はそれぞれ5曲くらいくれたのかな。そん中から選んで、シングル用にもらってきたっていうより、アルバム全体で使うやつを自分が集めている時に、割と早い段階でこの人達があのトラックをくれたから、“両方とも外国人はどうなんだろう”っていう声をシカトしつつ、関係ねーべって言って、シングルにしちゃった感じっすね。

――いい曲ができた…と。

DABO:
んーていうか、「会社の金使って、外国人プロデューサーですか。いいっすね~」とか、言うバカとかどっかにいると思うんで、男のやっかみは女の子の10倍ぐらいひどいですからね。なので、そういうヤツもいるんじゃないかと一瞬気にしてみたけど、あっさり気になんなくなりました。まぁ、かっこいいのができたら、それでいいじゃないかと。気にしなくってオッケーですっていうGOサインが自分の中で出たっていうそういう感じですね。でもこれでラップがへぼかったら、速攻叩かれると思いますよ。

――でもその辺はポテンシャルは高いですよね。

DABO:
やっぱラップがかっこいいのがいいな~って思うんだよね。人のとか聴いていてても。ラップがいいのはトラックもよく聴こえちゃうんですよ。「D.A.B.O.」とかはインストで聴くと、すっ~~~ごい地味なんですよ。あり得ないですね(笑)。

――次のアルバムは?

DABO:
アルバムタイトルは『HIT MAN』すね。7月頭位まではレコーディングしてるのかな。それで、9月に出して…。

――既にタイトルが決まってるというのは、アルバム全体のテーマがあるんですか?

DABO:
うん、一曲一曲に。トータル的には、なんかこう…、人生とかですね。27年目の地点の俺って感じです。今回は…泣けるんだな~、すごくいいアルバムですよ。今作ってる段階なんですけど。まっ、まだ人生も続いて行くから…。降谷くん(Dragon Ash)の言葉を借りるならば、“Life Goes On”ですよ。そういうアルバムですね、英語って便利ですよね。ま、直訳すると“人生が続いていく”んですけれど、続いていく人生の話です。今、思い出して鳥肌が立っちゃいました(笑)。

――その他、ツアーとか…。

DABO:
そうっすね。やっぱりツアーは、秋~冬にかけてって感じで、それが終わったらリミックスアルバムを出したいなーと、インディのを含めて両方。あれ…、ベスト盤になっちゃうじゃん、そしたら…。早すぎ? とりあえず、リミックス盤を出したいです。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報