シカゴ警察がR. ケリーの疑惑のセックス・ビデオを追加入手

ツイート
R. Kellyは6月5日に21件の児童ポルノ容疑で起訴されたが、シカゴ警察の広報官であるRobert Cargie巡査部長によれば、同署はその後、R. Kellyの疑惑のセックス・ビデオを追加入手したという。だが、入手した本数や、それがR. Kellyと未成年者のセックスが映っているものであるかどうかは答えられないとしている。

CargieはLAUNCHに対し「調査が継続中のもの」として、この証拠がKellyの現在の裁判に影響するものがどうかを判断するには、時期尚早だと語った。

報じられている内容によれば、フロリダ州オレンジ郡の当局がこれらのビデオをシカゴ警察に渡したとされている。LAUNCHでは現在のところ、オレンジ郡の警察官に連絡が取れていない。

Kellyは6月5日の起訴後、オレンジ郡からほど近いフロリダ州のポーク郡で逮捕され、翌日に釈放金を支払って解放された。

シカゴ警察が調査への関心を最初に高めたのは、グラミー賞獲得シンガーであるR. Kellyが14歳の少女と性行為におよんでいる姿が映っているとされる1本のセックス・ビデオだった。追加のビデオには、2人の女性と性行為を行なっているKellyの姿が映っているとされている。

R. Kellyの広報担当者は、追加のセックス・ビデオがあるという最近のニュースは“誤解を与える情報”で“陪審員候補者たちに先入観を植え付けようとする”検察側のたんなる企みであるとしている。

Kellyの広報担当者はこう語っている。「検察側は、関連情報をすべてRobert(R. Kelly)の弁護士に渡さなければならないとされている段階にある。それには、このようないわゆるビデオも含まれるが、彼らはこれについて何も言っていない」。さらに、追加ビデオというのは、マスコミの騒ぎを大きくするための道具として使われているのだと述べている。

「それらは、フロリダ警察によって家宅捜索を受けたRobertの家で見つかったものではない。別の不明な場所から出てきている。したがって、それがどんなものかは私たちにはまったくわからない。彼らがこうした話を記者たちに漏らしているという事実が、彼らが通常の司法制度を通じて進めていくことに十分な自信を持っていないということを示している」

Kellyの広報担当者によれば、検察側はKellyが有名人であるために、彼に厳しくしているのだという。

先日、21件の児童ポルノ容疑で起訴されたR. Kellyは、6月26日(水)にシカゴの裁判所で行なわれた罪状認否で無実を主張した。

Billy Johnson Jr., Los Angeles (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報