アリーヤの事故機のパイロットはコカインとアルコールを使用していた

ツイート
7月16日(火)に発表されたバハマ航空局の報告によると、Aaliyahの事故機のパイロットがコカインとアルコールを使用していたという。

昨年8月、シンガー/女優のAaliyah(22歳)と彼女のビデオ撮影スタッフを乗せた小型機がバハマで墜落し、Aaliyahを含む8人の乗客とパイロットが死亡した。

AP通信によると、バハマ民間航空局は公式声明の中で、Luis Antonio Morales Blanesの遺体を検屍解剖したところ、尿からコカインが検出され、また胃からはアルコールの痕跡が発見されたと語っている。

当局は現在、それらの薬物が航空機(双発セスナ402-B)の操縦に何らかの影響を与えたかどうか調査しているところだ。パイロットは'01年8月の離陸中に起きたこの墜落事故の12日前に、クラック・コカインの所有で告発され、3年間の執行猶予が言い渡されていた。

しかし、薬物使用だけがこの事故の原因ではないようだ。航空局はまた、燃料フィルターに原因不明の小片や腐食が見つかったことから、'98年8月に義務化された燃料ポンプの配線の改善が行なわれていなかったのではとも語っている。航空局の声明の中には、航空機のメインテナンス業務が行なわれていなかったことを示唆するものもある。調査官は、航空機の登録所有者であるSkystreamとまだ話をしておらず、メインテナンスの証明となるエンジン記録や航空記録の調査も行なっていない。

当局はエンジン、機体、プロペラ、燃料システムの検査では機能不全が見つからなかったと話しているが、機体は少なくとも700ポンド重量オーバーしており、パイロットを含み8人乗りのところに9人が搭乗し、さらに、さまざまな用具と備品を積んでいたと報告している。

今年5月にAaliyahの両親、Diane HaughtonとMichael Haughtonは、義務怠慢と不注意が事故の原因だとし、Aaliyahの所属レーベルであるVirgin Recordsを相手取ってロサンゼルス上級司法裁判所に訴訟を起こした。この訴訟ではまた、ビデオ・プロダクション会社数社と、航空機オペレーターのBlackhawk International Airwaysの名も挙げられている。

調査官は、BlackhawkとSkystreamはバハマでの商用チャーター機の操業許可を持っていなかったと語っている。

Darryl Morden, Los Angeles (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス