ブルース・スプリングスティーンが、テロ犠牲者の遺族に電話

twitterツイート
Bruce SpringsteenがTime誌の表紙を飾った。彼が同誌の表紙に登場したのはこれで2度目で、“Reborn In The USA”と題されたインタビューが掲載されている。その中でSpringsteenは、9月11日のテロ犠牲者の死亡記事をいくつか読み、彼らが自分のファンであったことを知ったという。Springsteenは犠牲者の遺族らに電話で哀悼の意を表し、その時の彼らとの対話から『The Rising』に収録されている、悲劇をテーマにした曲のディテールが生まれたと語った。

Springsteenは同誌に次のように話している。「それは力を注いできた歳月と、ファンと共に発展し、育んできた関係の決定的瞬間だった。人々が待ち望んでいる一瞬だった」

Time誌はNY市の2人の犠牲者(消防士と世界貿易センターの従業員)の妻と、Springsteenが電話をかけたワシントンDCの犠牲者の妻の名前を明かしている。

しかし記事には、Springsteenは電話の話になると「急に無口」になり、彼らの苦しみを利用していると思われたくないようだと書かれている。彼はこう説明する。

「このアルバムでは、誰もが目にした光景と、それに伴う経験を描いている。中には直接、身をもって体験した人もいる……。いままで経験したことのない状況に置かれたとき、人はとても……とても思慮深くなる。ここで表現しているのはそういうことなんだ。思いやりを持つこと。自分の持っている技量を働かせ、それを探求し、できればみんなの心に訴えるものというのが、何年も培ってきた真剣さと誠実さであってほしい。それこそ本物のクリエイティヴな力が生まれる場所なんだ。そうすれば、単にその場の時流に乗っているだけじゃないってのが人々に分かってもらえると思う」

Springsteenが初めてTime誌の表紙を飾ったのは『Born To Run』がリリースされた'75年。

Gary Graff, Detroit LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報