アンリトゥン・ローのギタリストが爆発事件で負傷

twitterツイート
Unwritten Lawのギタリスト、Steve Morrisが8月29日(木)夜、手製の爆発物により自宅で負傷した。

バンドのレコード会社が発表した声明によれば、この爆発物は警備員で地元の警察官でもあるMorrisの隣人が仕掛けたものと思われている。Morrisは両腕と両耳の鼓膜を負傷し、バンドは彼が快復するまでツアー日程のいくつかをキャンセルした。犯人は逮捕され、拘置されている。

Morrisは、これは計画的な犯行だと言いAP通信にこう語っている。「奴は1週間かけて犯行を計画し、爆弾で俺を殺そうとしたんだ」「騒音といったレベルのちょっとした近所のいさかいで、こんなことをするなんて信じられない。この悪意に満ちた隣人のおかげでコンサートがキャンセルされ、ファンを落胆させてしまって申し訳ないと思っている」

Unwritten Lawのアルバム『Elva』からの最新シングル「Up All Night」は現在、ビルボード・モダンロック・チャート14位。この曲は同チャートでNo.1となった「Seein' Red」に続くシングル。

Darryl Morden, Los Angeles (C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報