ブランディ、ニューアルバムの制作を開始

twitterツイート
BrandyがプロデューサーのMike Cityと共にニューアルバムの制作に取りかかろうとしている。Cityが作詞作曲/プロデュースしたBrandyの曲「Full Moon」は現在、ビルボード・ホットR&B/ヒップホップ・シングルス&トラックス・チャートで16位。

Cityは次のようにLAUNCHに話している。「できれば(すぐにも)スタジオに戻るつもりだ」「スタジオ入りについては、すでに話を進めている。サウンドトラックか何かをやるかもしれない。まだはっきりは決まってないんだ。アルバムでは彼女の夫のRobert(Smith)が作業を多く行なうだろう。僕も参加して2、3曲手がけるよ」

Brandyはセルフタイトルのデビュー・アルバム('94年)、『Never Say Never』('98年)、『Full Moon』('02年)と4年間隔で作品をリリースしているが、Cityによれば、Brandyはすでに4作目に取りかかる準備ができているという。

「緊急ってわけじゃないんだ」とCityは言う。「今回、彼女は当たり前のBrandyでいるわけにはいかなくなった。結婚もして子供ができたからね」

Cityは、4作目ではBrandyのヴォーカルの奥深さが披露されると信じている。「彼女はカムバックして、いいものを出してくれると思う」とCityは言う。「みんな彼女は実際に歌えないと思っているんだ。いろいろと言われていじめられてるようだけど、彼女は堂々と歌うことができるよ」

Billy Johnson Jr., Los Angeles (C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報