ジョージ・ハリソンのアルバム、曲目とファースト・シングルが発表に

ツイート
間もなく発売されるGeorge Harrisonの曲目リストが公表された。11月19日にDark Horse/EMIからリリースされる『Brainwashed』は11曲入りで、Beatles後期に書かれた曲とポップ・スタンダードの「Between The Devil And The Deep Blue Sea」が収められている。ファースト・シングルとしてリリースされるのは「Stuck Inside A Cloud」。

『Brainwashed』は Harrisonと彼の息子のDhani、そしてElectric Light Orchestraのリーダー、Jeff Lynneによってプロデュースされた。Harrisonはリード/バック・ボーカル、エレクトリック/アコースティック・ギター、ウクレレ、ベース、キーボードを演奏している。Dhani Harrisonはエレクトリック/アコースティック・ギター、ワーリッツアー(電子)オルガン、バック・ボーカルを、そしてLynneはベース、ピアノ、ギター、キーボード、バック・ボーカルを担当している。また、ドラムはJim Keltnerが7曲で、Ray Cooperが1曲で参加、Mike MoranとMarc Mannがキーボードを演奏している。

加えて「Between the Devil And The Deep Blue Sea』のカヴァーでは、元Squeezeのピアニスト、Jools Hollandが彼のバンドメンバー、Joe Brown(アコースティック・リズム・ギター)とJoe Brown(ベース、チューバ)と共に演奏している。後者ふたりは'82年のHarrisonのアルバム『Gone Troppo』にも参加している。

Hollandもまた、Harrison親子とは直接繋がりがある。ゲスト・ミュージシャンを迎えた彼の最も新しいアルバム『Jools Holland's Big Band Rhythm & Blues』には、GeorgeとDahniが参加した「Horse To The Water」が収録されている。

アルバム・タイトル曲にはRavi Shankarのサイドマン、Bikram Ghosh(タブラ)とJane Lister(ハープ)と共に、ピアニストのJohan Lord、Jools Hollandのバンドのシンガー、Sam Brownが参加している。

『Brainwashed』の収録曲は以下の11曲:
「Any Road」
「Vatican Blues(Last Saturday Night)」
「Pisces Fish」
「Looking For My Life」
「Rising Sun」
「Marwa Blues」
「Stuck Inside A Cloud」
「Run So Far」
「Never Get Over You」
「Between The Devil And The Deep Blue Sea」
「Rocking Chair In Hawaii」
「Brainwashed」

Bruce Simon, New York (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報