In the Soup、天気も味方して野音成功! 加えて、まんまなアルバム名発表

ツイート
「グリーングリーン」がスマッシュヒットとなったロックバンドIn the Soupのワンマンライヴが昨日10/6、日比谷野外音楽堂で行なわれ、無事終了した。

夕方から雨が降る予報だったのにも関わらず、実際は時折心地よい風が時折いい天気。18時ですっかり陽が沈み、秋なのね……という中、「風の子」からライヴをスタート! 「3年かくれんぼ」「せんこう花火」などを披露した後、中尾諭介(Vo&G)が慎重な面持ちで「実はみんなに知らせたいことがあります。……アルバムがリリースされます!」と発表した。そのアルバムタイトルは『03』(ゼロサン)。メジャーデビュー3年目、通算3枚目のアルバム、そこで3人のサウンドプロデューサー(渡辺善太郎、桜井秀俊、上田ケンジ)が起用されたことからだとか。

そのニューアルバムから未発表曲でもある「バイブレイション」「青空」も披露。「バイブレイション」は今までのIn the Soupにはないファンキーさが注入されていて、一聴して真新しい面を見せながらも、今のIn the Soupがより煮詰まった感じとも受け取れるナンバーで、ニューアルバムでの変化が期待されるところ。

そして、アンコールでは3曲を披露し、ライヴを終了。アルバムリリース後のツアーもすでに決定(来2003年1月~)しているので、ここでも新しいIn the Soupが観られることとなるはず。

誰もが知っている「グリーン・グリーン」のPVはこちら
../watch/?id=52017002
この記事をツイート

この記事の関連情報